MIDIリアルタイムレコーディング Ableton Live 使い方

Author: sleepfreaks

鍵盤を弾いて録音する

ここまでマウスを使用した「打ち込み」を行なってきました。

次は「MIDIキーボード」を演奏して録音を行なう「リアルタイムレコーディング」 
を解説していきます。

キーボードで弾いたものがそのまま記録されるため、
直感的かつ素早いMIDI入力が可能です。

MIDI鍵盤の設定はコチラをご参照ください。

リアルタイムレコーディングと自動クオンタイズ




DTM解説情報をつぶやくTwitterのフォローもお願いいたします。


リアルタイムレコーディングの方法

レコーディングを行なう「クリップ」を用意します。
「クリップ」が存在しない場合はスロットを「ダブルクリック」し作成が可能です。

rec-arm

  • 1_ミキサー部分の「アームボタン」を点灯させます
  • 2_クリップ再生ボタンをクリックすることで録音が開始されます。
  • 3_プレイが終わった後は、「アームボタン」を消灯させます。

「クリップ」がループされるため、
好きなタイミングで演奏を行ないます。

クロップを使用してクリップの使用範囲を指定する

レコーディングを行ったクリップの不要箇所を素早く削除し、使用範囲を指定することができます。

Clop

このように使用する箇所をループ範囲で指定します。

クリップをクロップ

右クリックして表示されるメニューから「クリップをクロップ」を選択します。
これで指定したループ範囲のみが抽出され、クリップに反映されるため便利です。

レコーディングキャプチャ機能を使用する

Ableton Liveでは、バックグランドでレコーディングキャプチャ機能が働いています。
MIDIレコーディングを行っていない場合でも、MIDIキーボード・MIDIコントローラの演奏内容をクリップへ呼び出すことができます。

MIDI REC CAPTUER

上部の「キャプチャボタン」をクリックするだけです。

キャプチャーレコーディング

アームが点灯しているトラックに、直前の演奏フレーズが新規クリップとして保存されます。

楽曲のデッサンとして大活躍するセッションビュー

Liveの魅力といえば、簡単に楽曲のデッサン/実験ができることです。

Play-Clip

オケに対して異なるテイクを録音し、どのテイク/フレーズが良いのか?を簡単に視聴可能です。

製品の詳細ページへ





DTM解説情報をつぶやくTwitterのフォローもお願いいたします。