Cubase 7.5 トラックバージョン 再録音モード

Author: sleepfreaks

トラックに複数テイクを保存 Cubase7.5「トラックバージョン」

Cubase7.5の新機能 今回のバージョンはレコーディングにも改良が加えられています。
どちらの機能もユーザー必須の機能となりそうです。

  • トラックバージョン : 1トラックに複数テイクを保存・編集
  • 再録音モード : レコーディングの失敗を即座に取り消し、すぐに録音開始

それでは、各機能を解説していきます。

この記事でより理解が深まります。

Cubase7.5_新機能動画へのアクセス

Cubase7.5 無償アップデート & インストール方法
新機能_1 トラックの表示/非表示 
新機能_2 強化されたVSTインストゥルメント
新機能_3 トラックバージョン 再録音モード現在のページとなります 
新機能_4 追加エフェクト



DTM解説情報をつぶやくTwitterのフォローもお願いいたします。




動画ポイント_複数のテイクを効率的に管理

1トラックに対して複数テイクを保存できる超便利機能です。

新規バージョン

トラック名の右部分にカーソルを合わせると、
表示される「三角形アイコン」をクリックします。

メニューより「新規バージョン」を選択します。

トラック

トラック表示が別バージョンに切り替わります。
何も無いまっさらな状態となります。

後は通常通りレコーディングを行うだけです。

バージョン切り替え

このように作成した複数バージョンを切り替えることが可能です。

バージョン削除

必要のないバージョンを削除する場合は、
メニューよりテイクを選択し「バージョンを削除」を選びます。

この機能は「MIDI」だけではなく、
「オーディオ」「コードトラック」「テンポトラック」「拍子トラック」にも使用が可能です。


動画ポイント_再録音モード

レコーディング中に「もう一度やり直したい」
そう思った際に活躍するのが「再録音モード」です。

これによりレコーディングを止めずに再レコーディングが可能となります。

モード切り替え

トランスポート部分の赤囲みをクリックします。

再録音

メニューから「再録音」を選択します。

これで準備は完了です。

再録音2

レコーディングを開始すると「レコーディングマーク」が通常と変わります。

この部分を「レコーディングマーク」クリックすることで、
レコーディングを取り消し、最初からレコーディングが開始されます。

再生を止めることなく連続してのレコーディングが可能ですので、作業効率が大きくアップします。





DTM解説情報をつぶやくTwitterのフォローもお願いいたします。