Maschine MK3 の使い方② 楽曲テンポ(BPM)の設定

Author: sleepfreaks

クリックの設定やプロジェクトテンポの変更

maschine mk3

環境設定に続いて、レコーディングを行うための楽曲テンポ設定を解説していきます。
楽曲スピードはもちろんですが、併せて快適な演奏を行うためのメトロノーム設定も解説していきます。

Maschine MK3 楽曲テンポの設定 動画解説




DTM解説情報をつぶやくTwitterのフォローもお願いいたします。


製品のご購入

メトロノームのオン/オフを切り替える

楽曲テンポを把握したり、PADで演奏を行う場合に活用するのが「メトロノーム」です。
実際に楽曲がどのくらいのスピードか?をサウンドで確認することができます。

クリックの有効

このメトロノームのサウンドを有効にするには「SHIFT」ボタンを押しながら「TAP」ボタンを押します。

メトロノームが有効になり、Maschineの再生に合わせてサウンドが鳴ります。
このメトロノームをオフにする場合は、再度「SHIFT」+「TAP」を押します。

メトロノームの音量を調整する

このメトロノームボリュームを調整することも可能です。

Setting-1

「SETTING」ボタンを押します。

Metronome Level

「Metronome LEVEL」のノブを回します。
演奏・レコーディングが行いやすいボリュームに調整してみてください。

TAPやダイアルを使用してテンポを設定する

上記で設定したメトロノームサウンドを聞きながら、楽曲テンポを設定してみましょう。
テンポの変更はいくつかの方法があります。

TAPボタンを使用してテンポを設定する

TAP

希望の楽曲速度を「TAPボタン」で刻みます。
入力は4分音符で行います。

「TAPボタン」を押した間隔の平均値がテンポに反映されます。
イメージしているテンポを直感的に設定できます。

ダイアルを使用してテンポを設定する

TEMPO ダイアル

「TEMPO」ボタンを押して、ダイアルを回します。
ダイアルに合わせてテンポが変化しますので、目的の値に設定します。

予めテンポが決まっている場合など、正確な値にしたい場合に向いています。

製品のご購入



DTM解説情報をつぶやくTwitterのフォローもお願いいたします。