3_ Ultrabeat ステップシーケンサー 2

Author: sleepfreaks

リズムに合わせ パラメーターを自在にコントロール

前項でパターンを作成した後は、
そのパターンに対して細かくパラメーターを調整します。

これにより複雑なビート。時間的な音色変化。などの効果を加えることができ、
リズムパターンをよりキャッチーで魅力的に仕上げることが可能となります。

Ultrabeat 動画アクセス


  1. 1キットの読み込みと保存
  2. 2ステップシーケンサー 1
  3. 3ステップシーケンサー 2 *当記事となります
  4. 4Kickを作成する
  5. 5スネア/ハイハットを作成する
  6. 6サイドチェイン/サンプルを使用する

動画ポイント_パラメーターステップをONにする

ステップに変更

パラメーターを記録するためには、
赤囲み部分の「step」をクリックします。

ステップモード

画面がこのように変化します。
非常にカッコ良いです。

この黄色に点灯している部分を1ステップずつ書き込むことができます。

動画ポイント_パラメーター書き込み方法

 
変更方法

  • 1_パラメーターを変更したいステップをクリックします
  • 2_変化させたいパラメーターを設定します

たったこれだけです。
これをステップごとに繰り返していくことで、パラメーター変化を与えることができます。

「ピッチ」「ボリューム」「フィルター」何でもありです!!

動画ポイント_シーケンサーパターンのコピー&ペースト

Ultrabeat_3_シーケンサー2

パターンメニューを右クリック → 「Copy」を選択します。

Ultrabeat_3_シーケンサー2_2

次に「sq」がついていない空いているパターンを選択します。

Ultrabeat_3_シーケンサー3

再度、パターンメニューを右クリック → 「Paste」を選択します。
これで、パターンをコピーする事が出来ます。


Logic Pro