6_ Ultrabeat サイドチェイン/サンプルを使用する

Author: sleepfreaks

Ultrabeatで、サイドチェインをコントロールする

Ultrabeat_4_シンセサイザーセクション1

サイドチェインとは他トラックのサウンドを編集しているエフェクトや機材に適用するテクニックです。
クラブ系で有名なウネウネサウンドもこのサイドチェインを使用しています。

Ultrabeatではこのサイドチェインを使用することで、簡単に素材を加工することができます。
サンプルの可能性を大きく広げることができるため是非お試しください!!

Ultrabeat 動画アクセス




DTM解説情報をつぶやくTwitterのフォローもお願いいたします。


  1. 1キットの読み込みと保存
  2. 2ステップシーケンサー 1
  3. 3ステップシーケンサー 2
  4. 4Kickを作成する
  5. 5スネア/ハイハットを作成する
  6. 6サイドチェイン/サンプルを使用する *当記事となります

動画ポイント_ サイドチェインを適用する

まずUltrabeatで使用するオーディオトラックを用意しておきます。

サイドチェイン

  • 1_空いている鍵盤を選択します
  • 2_タブを「side chain」に変更し「電源」を点灯させます
  • 3_用意した素材用オーディオトラックを選択します

MIDI打ち込み

上記行程1で選択した音程に対して、打ち込みを行います。

ミュート

元素材のオーディオトラックはミュートしてしまって構いません。

これでOKです。
Ultrabeatに用意したオーディオ素材が入り、演奏/エディットが可能です。





動画ポイント_ サイドチェイン後のエディット

エディット

後は通常通り、「Filter」「LFO」「ディストーション」などを適用しサウンドを作ることが可能です。

動画ポイント_ サンプルを使用する

ご自身で用意したオーディオファイルを簡単にUltrabeatへ読み込むことができます。

サンプルを読み込む

  • 1_空いている鍵盤を選択します
  • 2_sampleモードを選択します/li>
  • 3_赤囲み部分をクリックし「Load Sample」を選択し使用したいサンプルを選択します

サンプル読み込み後

このように選択したサンプルが読み込まれます。

打ち込み後
 
後は通常通り、演奏/エディットを行うことができます。

動画ポイント_ ベロシティでスタート位置を変更

Max_Min

「max」と「min」をドラッグすることで、
ベロシティによってサンプルスタート位置を変更することができます。

  • max : ベロシティが最大(127)の時のスタート位置です
  • min : ベロシティが最小(1)の時のスタート位置です

後はベロシティによって上記の間でサンプル位置が変化します。
同じサンプルでも様々なバリエーションを与えることができますね。


Logic Pro





DTM解説情報をつぶやくTwitterのフォローもお願いいたします。