「Massive」9_ 4つのモジュレーションタイプ

Author: sleepfreaks

演奏内容によってモジュレーションをコントロールする

4つのモジュレーションタイプ

「MacroControlセクション」には4つのモジュレーションタイプが存在します。

演奏内容によって、モジュレーション量をコントロールするというもので、
細かなニュアンスを出したり、時にはド派手な効果を与えることができます。

ライブでMassiveを使用したいという方にもお勧め致します。

Massive動画へのアクセス


  1. 1オシレーター
  2. 2グライドとFM
  3. 3フィルター
  4. 4エンベロープ
  5. 5マクロコントロール
  6. 6STEPPER
  7. 7プリセットの追加
  8. 8複数のモジュレーションを使用する
  9. 94つのモジュレーションタイプ *当記事となります

オススメ!!Massiveを使用したシンセサイザーレシピ

4タイプの特性を把握する

モジュレーション

通常の「Env」「LFO」と同様に使用することができます。

  • KTr_キートラッキング
    鍵盤の高さによって、モジュレート量が変化します。
  • Vel_ベロシティ
    鍵盤を弾く強さによってモジュレート量が変化します。
  • AT_アフタータッチ
    鍵盤を押して、更に押し込むことでモジュレーションが発動します。
    押し込みの強さでモジュレート量が変化します。
  • TrR_トリガーランダム
    プレイされる度に

製品のご購入

Massiveが含まれた超お得なパッケージ!
リズム、生楽器、シンセなど、あらゆる種類の音源が収録されています。