Native Instruments Massive 使い方⑧ 複数のモジュレーションを使用する

Author: sleepfreaks

複数のモジュレーションでサウンドバリエーションを広げる

モジュレーション

Massive内に配置されている多くのパラメーターは、
2つ以上の「モジュレーション」を割り当てることができます。

2つ以上のモジュレーションが組み合わさるとどうなるのか?
今回は、この部分を中心に解説を進めていきます。

Massive動画へのアクセス


youTube-banner-740


DTM解説情報をつぶやくTwitterのフォローもお願いいたします。


  1. 1オシレーターセクションについて
  2. 2グライドとFM
  3. 3フィルター
  4. 4エンベロープ
  5. 5マクロコントロール
  6. 6STEPPER
  7. 7プリセットの追加
  8. 8複数のモジュレーションを使用する
  9. 94つのモジュレーションタイプ
  10. 10MASSIVE X(マッシブ エックス) の使い方 概要・特徴のまとめ

オススメ!!Massiveを使用したシンセサイザーレシピそれぞれの効果が複合する

モジュレーション

このように「音程」へ「Env」「LFO」が適用されています。

Massiveでは2つ以上のモジュレーションが適用されている場合、
両方の効果が組み合わさることになります。

上記の場合は、「Env」によって音程が上がっていきますが、
「LFO」でピッチが揺れるため、揺れながら上昇していくということになります。

これらを把握しておくと、より複雑で動きのあるサウンドを作ることができます。
様々な複合を試してみてください。

製品のご購入

Massiveが含まれた超お得なパッケージ!
リズム、生楽器、シンセなど、あらゆる種類の音源が収録されています。





DTM解説情報をつぶやくTwitterのフォローもお願いいたします。