Native Instruments Massive 使い方⑦ プリセットの追加方法について

Author: sleepfreaks

プリセットを追加し快適に作業する

大人気シンセサイザー「Massve」
ネット上で様々なプリセットを無料/有料でダウンロードすることができます。

ここではダウンロードを行ったプリセットを「Browser」へ追加し、
快適に使用するための手順を解説していきます。

Massive動画へのアクセス



求人掲載


DTM解説情報をつぶやくTwitterのフォローもお願いいたします。






  1. 1オシレーターセクションについて
  2. 2グライドとFM
  3. 3フィルター
  4. 4エンベロープ
  5. 5マクロコントロール
  6. 6STEPPER
  7. 7プリセットの追加
  8. 8複数のモジュレーションを使用する
  9. 94つのモジュレーションタイプ
  10. 10MASSIVE X(マッシブ エックス) の使い方 概要・特徴のまとめ

オススメ!!Massiveを使用したシンセサイザーレシピ

Massiveを最新バージョンにアップデート

Massiveのバージョンが古いことで、
読み込むことができないプリセットもあります。

アップデート

  • Mac : アプリケーションフォルダ → Nativeinstruments → ServiceCenter
  • Windows : プログラミングファイル → Nativeinstruments → ServiceCenter

アップデートを確認し、Massiveを最新の状態にします。

KSDファイルを変換する

使用したいMassiveプリセットが、「KSD」という拡張子の場合、
変換が必要になります。

Massve Convert

「File」から「KSD Batch Convert」を選択し、
プリセットフォルダを選択することで変換が行われます。

プリセットフォルダを指定する

既にプリセットの拡張子が「nmsv」の場合はそのまま使用が可能です。

Options

「File」→「Options」を選択します。

Massive options

「Browserタブ」より「Add」をクリックし、
プリセットが収められているフォルダを指定します。

音色が追加される

これにより「Browser」へ追加されます。

製品のご購入

Massiveが含まれた超お得なパッケージ!
リズム、生楽器、シンセなど、あらゆる種類の音源が収録されています。





DTM解説情報をつぶやくTwitterのフォローもお願いいたします。