Native Instruments Massive 使い方⑦ プリセットの追加方法について

Author: sleepfreaks

プリセットを追加し快適に作業する

大人気シンセサイザー「Massve」
ネット上で様々なプリセットを無料/有料でダウンロードすることができます。

ここではダウンロードを行ったプリセットを「Browser」へ追加し、
快適に使用するための手順を解説していきます。

Massive動画へのアクセス





  1. 1オシレーターセクションについて
  2. 2グライドとFM
  3. 3フィルター
  4. 4エンベロープ
  5. 5マクロコントロール
  6. 6STEPPER
  7. 7プリセットの追加
  8. 8複数のモジュレーションを使用する
  9. 94つのモジュレーションタイプ
  10. 10MASSIVE X(マッシブ エックス) の使い方 概要・特徴のまとめ

オススメ!!Massiveを使用したシンセサイザーレシピ

Massiveを最新バージョンにアップデート

Massiveのバージョンが古いことで、
読み込むことができないプリセットもあります。

アップデート

  • Mac : アプリケーションフォルダ → Nativeinstruments → ServiceCenter
  • Windows : プログラミングファイル → Nativeinstruments → ServiceCenter

アップデートを確認し、Massiveを最新の状態にします。

KSDファイルを変換する

使用したいMassiveプリセットが、「KSD」という拡張子の場合、
変換が必要になります。

Massve Convert

「File」から「KSD Batch Convert」を選択し、
プリセットフォルダを選択することで変換が行われます。

プリセットフォルダを指定する

既にプリセットの拡張子が「nmsv」の場合はそのまま使用が可能です。

Options

「File」→「Options」を選択します。

Massive options

「Browserタブ」より「Add」をクリックし、
プリセットが収められているフォルダを指定します。

音色が追加される

これにより「Browser」へ追加されます。





DTM解説情報をつぶやくTwitterのフォローもお願いいたします。