「BFD3」3_ Groove リズムパターンの使用

Author: sleepfreaks

豊富なリズムパターン

もはやBFDシリーズでは恒例となっているのが、豊富なリズムパターンです。
今回はそのパターンをコントロールする「Groove機能」について解説を進めていきます。

ドラムに自信がない方でも、ナイスなパターンをすぐに楽曲へ取り入れることができます!

BFD3記事アクセス


  1. 1購入_ダウンロード_インストール
  2. 2キットの読み込みと保存
  3. 3Groove_リズムパターンの使用 *当記事となります
  4. 4キットのエディット
  5. 5ミュートとアーティキュレーション(Model)
  6. 6ミキサー画面 & パラアウト
  7. 7BFD3_他ソフトのMIDI演奏を最適化する
製品のご購入

動画ポイント_Grooveへのアクセス

Grooveアクセス

「Groove」をクリックしパターンを視聴します。
上部分からジャンルを選択すると、下部分に詳細のパターンが表示されます。

ジャンルの絞り込み

「Gen」からはパターンのジャンルを選択し、絞り込みを行うことができます。

動画ポイント_Groove Editor へのアクセス

Groove Editor

「Groove Editor」を選択することでアクセスが可能です。

パレットへパターンを挿入

パターン上部分をダブルクリックすることで、下部分の詳細パターンが一気に挿入されます。
下部分の詳細パターンをドラッグし挿入することも可能です。

動画ポイント_DAWヘパターンを挿入する

パターンをMIDIファイルとしてDAWへ挿入することが可能です。

DAWヘパターンを挿入する

気に入ったパターンをDAW上のBFD3トラックへドラッグ&ドロップするだけです。





動画ポイント_DAWヘパターンをオーディオで挿入する

MIDIだけではなく、オーディオファイルとしてDAWヘ挿入することが可能です。
これによりオーディオファイル特有の処理を簡単に行うことができます。

オーディオでのエクスポート

「Options」から「Drag exports Audio not MIDI」を選択しチェックを入れます。

オーディオエクスポート

後はMIDIと同様にパターンをドラッグ&ドロップするだけです。

製品のご購入