「Addictive Drums 2」6_ エフェクト適用とパラアウト

Author: sleepfreaks

AddictiveDrums 2 キットの最終仕上げを行う

前項までの作業を行う事で、かなり理想的なキットが仕上がると思います。

エフェクト適用-1

今回は最終章として、仕上げの「エフェクト」
DAW上でキットを個別に調整することができる「パラアウト」を解説していきます。

様々なジャンルや理想に合わせて調整を行ってください!

Addictive Drums 2 解説動画へアクセス


  1. 1プリセットとキット選択
  2. 2Beats_ドラムパターン選択と適用
  3. 3Grid SearchとTransform
  4. 4Editウィンドウ
  5. 5KIT PIECEのEDIT
  6. 6エフェクト適用とパラアウト *当記事となります
製品のご購入

パラアウトの設定

「パラアウト」を行う事で、DAW上で各キットを個別に調整することができます。
「エフェクト」「音量」「定位」「センド量」など自由自在です。

パラアウト設定-1

  • 1_パラアウトするキットの赤囲み部分をクリックします(基本的に全トラックに行います)
  • 2_「Separate out」を選択します。

これで準備は完了です。
後は、各DAWでパラアウト設定を行いミキシングを行うだけです。

DAW別のパラアウト設定

エフェクトの適用

エフェクト適用

エフェクトを適用するキットを選択します。
上部分からエフェクトの調整を行うことができます。

「リバーブ」と「ディレイ」の設定は「センドリターン」を使用します。

リバーブ、ディレイ

「FX」タブをクリックし、エフェクト電源をオンにします。
その後、深さなどを好みに設定します。

センド量

各キットのエフェクト設定に戻り「センド量」からエフェクトのかかり具合を調整します。

製品のご購入