プロジェクトウィンドウを理解しよう Cubase 使い方

Author: sleepfreaks

Cubase _ プロジェクトウィンドウの説明

プロジェクトを作成すると以下ウィンドウが表示されます。

プロジェクト-3-1

楽曲を作っていくためでメインとなる「プロジェクトウィンドウ」です。
沢山のツマミ、ボタンがありますが、全て覚える必要はありません。

ここでは必要最低限のものを説明します。

Cubase プロジェクトウィンドウ




1_インスペクター

選択したトラックの情報を確認できる他、
エフェクター、ボリューム調整など様々な用途に対応します。

これが表示されていない場合は、

インスペクタ

赤囲み部分をクリックし「インスペクター」へチェックを入れます。

2_トラックリスト

トラックリスト

作成したトラックが縦に並んでいきます。

3_ツール選択

Cubase-2

このツールがCubaseを操作する上で重要になってきます。

各ツールの働きに関しては、この講座を進める中でご紹介しています。
今はここで様々な操作を切り替えることができることを覚えておいてください。

4_ルーラー

タイムライン

Cubaseを再生すると、左から右に画面が切り替わるのが確認できます。
このタイムラインで小節数、時間等を確認する事ができます。

その下には演奏内容が並ぶ、イベントディスプレイが用意されています。

5_トランスポート

トランスポート

楽曲の再生、録音、テンポなどを管理することができます。

これが表示されていない場合は、

Cubase 8  トランスポート表示

上メニュー→「トランスポート」→「トランスポートパネル」
から表示することができます。

6_ラック_Cubase8以降

ラック

Cubase8よりウィンドウ右部分に「ラック」が追加されています。
Cubaseで使用する音源や素材を管理することができます。

ラックの表示

もしこれが表示されていない場合は、
赤囲み部分をクリックし「ラック」にチェックを入れます。