ループレコーディングからベストテイクを作成 Logic Pro の使い方

Author: sleepfreaks

複数のテイクを簡単に選出可能

ループレコーディングにより録音されたトラックを全て保存し、
レコーディング後に良い部分のみを選出し組み合わせることができます。

「出だしは良かったが。。」「最後の詰めが甘い」などという際に重宝します。

Logic 便利なレコーディング機能

ループレコーディング方法は以下からご参照ください。



        
  • Logic X
  • Logic 8/9

Logic X ベストテイクを作る

通常通り、「ループレコーディング」を行います。

ループレコーディング後

終了後、ループレコーディングによる作成された全テイクが表示されます。
古いものから下に表示され、最新テイクは一番上に表示されます。

テイク選出

各トラックの使用したい部分をドラッグします。

グレーの部分が使われていない箇所。色つきが選出箇所。
一番上のトラックが選出箇所を集めた実際に聴こえるテイクです。





トラックを一本化する

ベストテイクを作成後は、エディトしやすいように
これらを1本化(確定)させます。

フラット化

リージョンの左角部分の「A」をクリックし、メニューを開きます。
その中から「フラット化」もしくは「フラット化して結合」を選択します。

  • フラット化

フラット化

それぞれの部分をフェードでつないだ状態にします。

  • フラット化して結合

フラット化して結合

上記のフラット化した状態を1本の波形に繋げます。

Logic ベストテイクを作る

通常通り、「ループレコーディング」を行います。

ループテイク

↑ 終了後、ループレコーディングによる作成された全テイクが表示されます。
古いものから下に表示され、最新テイクは一番上に表示されます。

ベストテイク作成

↑ 各トラックの使用したい部分をドラッグします。

グレーの部分が使われていない箇所。色つきが選出箇所。
一番上のトラックが選出箇所を集めた実際に聴こえるテイクです。

トラックを一本化する

ベストテイクを作成後は、エディトしやすいように
これらを1本化(確定)させます。

フラット化メニュー

↑ リージョンの右角部分の印をクリックし、メニューを開きます。
その中から「フラット化」もしくは「フラット化して結合」を選択します。

  • フラット化

フラット化

それぞれの部分をフェードでつないだ状態にします。

  • フラット化して結合

フラット化して結合

上記のフラット化した状態を1本の波形に繋げます。

        
  • Logic X
  • Logic 8/9


Logic Pro