Cubase Pro 8.5 新機能 2

Author: sleepfreaks

Cubase8.5 イベント編集や打ち込みが更に便利に

Cubase 8.5

前項に続き、Cubase 8.5の新機能を解説していきます。
今回はイベント編集や打ち込みを中心とした解説となります。

頻繁に使用する操作が多い項目だけに、作業効率化が期待できます。
ぜひ、制作へ取り入れてみてください。

Cubase8.5の新機能動画

Cubase Pro 8.5 新機能 1
Cubase Pro 8.5 新機能 2 (当記事となります)




イベントの複製

イベントを簡単に複製することが可能です。

イベント複製前

イベント右の中央に表示されている「■」をドラッグします。

イベントの複製後

このように素早く複製を作ることができます。

上記の操作を「Shiftキー」を押しながら行うことで、
「エイリアス」の複製が可能です。

エイリアス

イベントに「=」が表示されます。
1つのイベントを変更すると、他イベントに対しても変更結果が反映されます。


進化したドラムエディター

リズムを打ち込む操作に特化したドラムエディターにも改善が加えられています。

ドラムエディター

上部の赤囲み部分を点灯させることで、
音の長さをコントロールできるようになります。

通常、ドラムの打ち込みは音の長さに依存しませんが、
特定ソフトやサンプラーなどを使用した場合、大きな影響が出ます。

この長さをコントロールすることで、ノリが大きく変わってきます。

使用しているドラムキットのみを表示し、
エディターを視覚的に整理することができます。

キットの表示

赤囲み部分をクリックし、

表示設定

「イベントを含むドラムサウンドを表示」を選択します。

使用しているキット

このように、使用しているキットのみが表示されます。


MIDIノートの打ち込みが強化

キーエディターにも変更が加えられています。
この操作は上記ドラムエディターでも使用可能です。

MIDIノートの追加

ダブルクリックでMIDIノートを追加できるようになっています。

このダブルクリックの後、
クリックを離さないことで、以下の操作が可能になります。

  • 右へドラッグ : ノートの長さを変更
  • Shiftキー + 左右ドラッグ : ノートの場所を変更
  • 上下ドラッグ : ベロシティの変更
  • Mac : Command + ドラッグ / Windows : Control + ドラッグ :
    スナップを一時的に無視し、長さを微調整