Native Instruments Massive 使い方⑤ MACRO CONTROL(マクロコントロール)

Author: sleepfreaks

MassiveのツマミをMIDIコントローラーで操る

「MACRO CONTROL」を使用して、
好みのツマミを一斉にコントロールすることができます。
派手な音作りにも向いています。

Massive動画へのアクセス



求人掲載


DTM解説情報をつぶやくTwitterのフォローもお願いいたします。






  1. 1オシレーターセクションについて
  2. 2グライドとFM
  3. 3フィルター
  4. 4エンベロープ
  5. 5マクロコントロール
  6. 6STEPPER
  7. 7プリセットの追加
  8. 8複数のモジュレーションを使用する
  9. 94つのモジュレーションタイプ
  10. 10MASSIVE X(マッシブ エックス) の使い方 概要・特徴のまとめ

オススメ!!Massiveを使用したシンセサイザーレシピ

動画ポイント_MACRO CONTROLを割り当てる

massive-1

前回エンベロープと同様の手順で割り当てを行います。
「MACRO CONTROL」の十字キーを割り当てたい項目へ「ドラッグ&ドロップ」します。

※複数の項目へも割り当て可能です。

動画ポイント_MACRO CONTROLをMIDIと連携させる

massive-midilearn

ツマミを「右クリック」して「MIDI Learn」を選択します。
割り当てたい「MIDIコントローラー(ハードの)」のツマミを動かします。

これで「MACRO CONTROL」と連携が完了します。

製品のご購入

Massiveが含まれた超お得なパッケージ!
リズム、生楽器、シンセなど、あらゆる種類の音源が収録されています。





DTM解説情報をつぶやくTwitterのフォローもお願いいたします。