Native Instruments Massive 使い方④ エンベロープ & LFO

Author: sleepfreaks

Massiveに限らず、シンセの重要項目「エンベロープとLFO」

「エンベロープ」や「LFO」を使用して、
音に表情や効果をつけることができます。

音作りでは必須項目になるため、これら概念をしっかりと習得していただければと思います。

Massive動画へのアクセス





  1. 1オシレーターセクションについて
  2. 2グライドとFM
  3. 3フィルター
  4. 4エンベロープ
  5. 5マクロコントロール
  6. 6STEPPER
  7. 7プリセットの追加
  8. 8複数のモジュレーションを使用する
  9. 94つのモジュレーションタイプ
  10. 10MASSIVE X(マッシブ エックス) の使い方 概要・特徴のまとめ

オススメ!!Massiveを使用したシンセサイザーレシピ

動画ポイント_エンベロープとLFOを適用する

massive-1

赤囲み部分のアイコンを適用したい項目へ「ドラッグ&ドロップ」します。
また削除するには、割り当てた数字を「右クリック」し「OFF」を選択します。

massive-2

割り当て後は値を「上下ドラッグ」して、その効果の強さを決定します。
他シンセサイザーでは「アマウント」と呼ばれることが多いです。

massive-3

ドラッグを行うと、
このようにカラーにより、可変幅が表示されます。





DTM解説情報をつぶやくTwitterのフォローもお願いいたします。