Native Instruments Massive 使い方⑥ STEPPERについて

Author: sleepfreaks

MassiveのStepperで都会的なサウンドを作る

今回はモジュレーションの中でも少し特殊な「Stepper」について解説を行なっていきます。

この「Stepper」の特徴は「値が瞬間的に飛ぶ」 という所です。
「値と値の経路が無い」ため、奇抜かつ耳を引くサウンドを作りやすいです。

またこの「Stepper」を「音程」に適用することで、
「アルペジエーター」としても使用が可能です。

Massive動画へのアクセス



求人掲載


DTM解説情報をつぶやくTwitterのフォローもお願いいたします。






  1. 1オシレーターセクションについて
  2. 2グライドとFM
  3. 3フィルター
  4. 4エンベロープ
  5. 5マクロコントロール
  6. 6STEPPER
  7. 7プリセットの追加
  8. 8複数のモジュレーションを使用する
  9. 94つのモジュレーションタイプ
  10. 10MASSIVE X(マッシブ エックス) の使い方 概要・特徴のまとめ

オススメ!!Massiveを使用したシンセサイザーレシピ

動画ポイント_Stepperの呼び出し

Stepperの表示

モジュレーション部分より「Stepper」を選択します。

動画ポイント_Stepperの適用

他モジュレーションと同様に、適用する箇所へ「ドラッグ&ドロップ」を行ないます。
ここでは「Filter」へ適用を行ないました。

Stepper最低値

「Stepper」の最低値は、現在設定している「ツマミ位置」となります。

最高値

「Stepper」の最高値は、設定した「モジュレーション最高位置」となります。

上記を考慮し「Stepper値」を書いてきます。

動画ポイント_Stepperの設定

Stepper書き込み後

「クリック/ドラッグ」にて、各マス目へ値を記録していきます。

テンポ同期

「Sync」を押すことで、
「楽曲テンポ」と「Stepper移動速度」が同期します。

写真は「16」となっているため、
1小節に「16ステップ」進むということになります。

アルペジエーター

「OSCピッチ」へ適用することで「アルペジエーター」として機能します。

整数の記録

この際に

  • Mac : Option + ドラッグ
  • Windows : Alt + ドラッグ

を行ないながら値を書き込むことで、
キリのよい「整数」で入力が可能です。

製品のご購入

Massiveが含まれた超お得なパッケージ!
リズム、生楽器、シンセなど、あらゆる種類の音源が収録されています。





DTM解説情報をつぶやくTwitterのフォローもお願いいたします。