主要三和音とその機能(ファンクション)①/音楽理論講座

Author: sleepfreaks

コードの機能を理解して展開を作る

今回は、これまで学んできたメジャー・ダイアトニックコードを、どのように使えば”展開”が作れるのか、
”ストーリー性”がある楽曲になるのかについて、さらに重要な知識に踏み込んでいきます。

まずはサンプルとして、以下の音源をお聴きください。

特定のキーのメジャーダイアトニックコードを、何も考えず適当に並べてみましたが、
なんとも落ち着かない感じがします。

実は、ダイアトニックコードの各コードには、それぞれ”機能”=ファンクション(Function)があり
適当に並べただけでは、同じところをぐるぐる回っているように聞こえたり、
文章で言うところの「起承転結」があべこべで聞きにくい展開になってしまうのです。



主要三和音の存在

今回は第一歩として、一番重要な3つのコード=主要三和音 (Primary chords)を押さえておきましょう。

まずは前回学んだ各スケールディグリーネームを思い出して下さい。
今回も簡単なKey=Cをサンプルとします。

Scale_Degree

この中に、

  • Tonic(トニック)
  • Subdominant(サブドミナント)
  • Dominant(ドミナント)

という言葉が出てきましたね。
実はこの3つの言葉が、コード進行において非常に重要な意味を持ってきます。
そのことを念頭に置きながら先に進んでください。

次に、Cメジャースケールに音を積み重ね、Cメジャーのダイアトニックコードを作り上げましょう。
方法がわからない方は、過去の回をご参照ください。

第17回 3和音のメジャーダイアトニック・コード
第18回 4和音のメジャーダイアトニック・コード

  • 3和音

TSDD_Triad

  • 4和音

TSDD_Tetrad

ここでも、「Tonic」「Subdominant」「Dominant」上に出来たコードに注目して下さい。
これらを、主要三和音(Primary chords)と呼びます。

また、これら3つには以下の機能(ファンクション)があり、それぞれの頭文字で略記されます。
名前はそのままですね。

  • Tonic=トニック(コード) = T
  • Subdominant =サブドミナント(コード)= SD(単に「S」と書くこともあります)
  • Dominant = ドミナント(コード) = D

実は他のコードでもこれらのファンクションに近い機能を持てるのですが、
やはり主要三和音の重要性は他を凌駕しています。
その意味では、「真のT・SD・D」と呼んでもいいかもしれません。

詳細については次回以降取り上げますが、今回はひとまず、
主要三和音は、スケール上のI・IV・Vをルートとするコード(3和音、4和音)だけ
という事を押さえておきましょう。





キーによって変わるコードのファンクション

今回の最後に、初心者の方がよく間違うポイントを挙げておきます。

それは、コードそのものにファンクションがあるのではなく、
各キーにおける位置付け(スケールディグリーの数字)にファンクションがある
ということです。

前回と同じ画像で、「C」という音に注目してみましょう。

Cメジャースケールでは左から1番目。

C_Scale

そこから作り上げたダイアトニック・コードは、

C_Tonic_Triad

C_Tonic_Tetrad

もちろん一番左の「I」。トニック(主音)上に出来上がるのでトニック(コード)ですが、
一方で、Gメジャースケールでは4番目に位置します。

G_Scale

そこから作り上げたダイアトニック・コードは、

C_SD_Triad

C_SD_Tetrad

同様に「IV」番目に位置するサブドミナントとなります。

このように、同じコードであっても、キーによって違うファンクションを持つということですね。

今回はここまでとします。
少し予備知識的な内容が続いていますが、次回は実際に音で確認しながら、
それぞれのファンクションの意味を掘り下げていきます。



記事の担当 伊藤 和馬/ Kazuma Itoh

講師 伊藤
18歳で渡米し、奨学金オーディションに合格後、ボストンのバークリー音楽大学で4年間作曲編曲を学ぶ。 バークリー音楽大学、現代音楽作曲学部、音楽大学課程を修了。
その技術を活かし、POPSから映像音楽まで、幅広い作曲活動を行っている。

講師の作品

  1. 講師_伊藤のプロフィールを読む