広告

広告

×
目次

29.主要三和音とその機能(ファンクション)②

Author: sleepfreaks

主要三和音 = 重要なT・SD・Dのファンクション

前回、各メジャーキーの主要三和音について解説しました。
各キーのトニック、サブドミナント、ドミナント上に出来上がったコードでしたね。

ディグリーネームと省略形のアルファベットでも、確認しておきましょう。

これらを、特に重要なTonic(トニック)、Subdominant(サブドミナント)、Dominant(ドミナント)コードと捉えて読み進めて下さい。

メジャーキーでは

  • T = I,Imaj7
  • SD = IV,IVmaj7
  • D = (V),V7

上記画像でV7を黄色の丸で囲んでいますが、これは第14回で学んだトライトーンが含まれており、特別な意味を持っているからです。
そのため、Dのファンクションについては、次回の記事で解説します。
今回はまず、TとSDのファンクションについて学んでいきましょう。


TとSDによる進行づくり

トニックとサブドミナント、それぞれのファンクションを文章で表すと以下のようになります。

  • T=Tonic(トニック)
    そのキーの中心的存在です。
    強い安定感があり、曲の始まりや終わりによく用いられます。
  • SD=Subdominant(サブドミナント)
    TとDの中間的な性格を持つコードで、進行に彩りや発展をもたらします。
    TからSDに進むと新たな展開が生まれ、和音の変化で浮遊感を与えます。
    Dの前に使うと、Tでの解決感をより強調できます。
  • 文章だけでは分かりにくいと思うので、実際にT→SDの例を聴いてみましょう。
    Key=Cで進めますので、【T=C,Cmaj7、SD=F,Fmaj7】ということになります。

    なお、必ずしもTから始める必要はありません。
    SDを最初に置き、浮遊感から始める場合もあります。
    この点については、後の記事で詳しく触れます。

    • I→IV(C→F)

    • Imaj7→IVmaj7(Cmaj7→Fmaj7)

    • I→IVmaj7(C→Fmaj7)

    • Imaj7→IV(Cmaj7→F)

    どうでしょうか?
    TからSDに移った時に、「ここからどこへ向かうんだろう?」という期待感が生まれたと思います。

    試しに、ここからずっとFを続けてみましょう。

    • I→IV~~~~~(C→F~~~~~)

    「期待させるだけさせておいて、何も起きない」という宙ぶらりんな感じになってしまいますね。
    これが、TからSDに展開した時に起きる「浮遊感」の特徴です。

    浮遊したからには、着地したくなるのが自然の理ですね。
    では、TからSDに展開した後、またTに戻ってみましょう。

    • I→IV→I(C→F→C)

    どうでしょうか?
    安定した雰囲気に”緩やかに”戻ってきたと感じられるはずです。

    まとめ

    今回の学習ポイントをまとめると下記の通りです。

    • 主要三和音(トニック、サブドミナント、ドミナント)はコード進行において特に重要である
    • Tは安定感があり、曲の始まりや終わりによく使われる
    • SDは進行に彩りや発展をもたらし、Dの前に使うと解決感が強まる

    次回は「D(ドミナント)コード」について解説していきます。
    Dを使うと、もっとドラマチックな展開が演出できます。
    3和音と4和音の違いについても取り上げますので、ご期待ください。


記事の担当 伊藤 和馬/Kazuma Itoh

伊藤 和馬

18歳で渡米し、奨学金オーディションに合格後、ボストンのバークリー音楽大学で4年間作曲編曲を学ぶ。
バークリー音楽大学、現代音楽作曲学部、音楽大学課程を修了。
日本に帰国後は、Pops・アニメソング・アイドルソング・CM・ゲーム・イベントのBGMまで、幅広い作曲・編曲の技術を身につけ作編曲家として活動している。

講師のプロフィールを読む