×
目次

18.4和音のメジャーダイアトニック・コード

Author: sleepfreaks

4和音のメジャーダイアトニック・コード

前回は3和音のメジャーダイアトニック・コードを学びました。
現在、各メジャーキーごとに7つのコードが使用できる状態です。

今回、4和音のメジャーダイアトニック・コードを学ぶことにより、使用できるコードがさらに増え、表現の幅を広げることができます。
(作曲時はもちろん、3和音/4和音ともに混ぜても大丈夫です)

この4和音のメジャーダイアトニック・コードは、前回の3和音に少し手を加えることで完成します。

最大のポイントは前項につづき、特定のキーの中で基本的に使用できるコードです。
例えば、キーがCメジャーの場合、Cメジャースケールの音だけで作られたコードを使います。

4種類のセブンスコードの復習

これまでに取り上げた4種類のセブンスコードを簡単に復習しておきましょう。

わからない場合は、上記リンク先で復習しておいてください。


前回と同様に、曲を作るプロセスに沿って考えてみましょう。

例えば、key=Cメジャーで曲を作りたいとします。

その場合、基本的にCメジャースケールの音でメロディーを作ることになります。

Cメジャースケールで作ったサンプルのメロディをご用意しましたので、ご確認ください。

このメロディの伴奏として使える”基本的な4和音のコード”を知るために、4和音のメジャーダイアトニック・コードの成り立ちを学んでいきましょう。

ダイアトニック・コード(4和音)の成り立ち

今回も、Key=Cで作っていきますので、お馴染みのCメジャースケールを用意します。

4和音の場合、最初の音「C」に対して、右に向かって一つ飛ばしで3つの音を積み重ねます。
具体的には、「C」の次に「E」、次に「G」、さらに「B」と積み重ねます。
DAW上ならばコピーしていくといいでしょう。

このように、Cメジャーセブンスコードが出来上がります。

次に、同じ手順をスケール内の他の音でも繰り返します。
例えば、「D」から始めて「F」と「A」と「C」を積み重ね、「E」から始めて「G」と「B」と「D」を積み重ねます。

今度はEで重ねる音がなくなりますので、3和音の時と同様にCメジャースケールの2オクターブ目も打ち込んでおくとわかりやすいです。

こうしてBまで終わったら、各音から始まる4和音のコードのグループが形成されます。


これが、Cメジャーのダイアトニック・コード(4和音)ということになります。

コードの種類が何かわかりにくい場合には、すべてのコードのルートをCにしてみましょう。
各コードの最低音(ルート)がCになるようにずらします。

一番上の音が3和音との違いになりますので、注目してください。
これまでに取り上げた4種類のセブンスコードの特徴がよくわかると思います。

元に戻して、4和音のダイアトニック・コードの構成を見てみましょう。


左から順番に

メジャー・セブンス マイナー・セブンス マイナー・セブンス メジャー・セブンス
ドミナント・セブンス マイナー・セブンス マイナーセブンス・フラットファイブ

という並びになります。
3和音と同様、この構成は他のメジャーキーであっても変わりません。

例:Dメジャー ダイアトニック・コード(4和音)

キーに合わせたダイアトニック・コード(4和音)を付ける

では、上で示したKey=Cのメロディに、Cメジャーのダイアトニック・コード(4和音)を付けてみましょう。



ご覧の通り、すべてCメジャーのダイアトニック・コード(4和音)で構成しましたが、キーから外れた感じがせず、しっくりきていますね。
また、3和音と違って、切なさや複雑な感情が込められているように感じます。

まとめ

今回の記事のポイントは下記の通りです。

  • 4和音のメジャーダイアトニック・コードは、あるキーで作曲する際に基本的に使用できる相性の良い4和音のコードのグループ
  • メジャーキーのダイアトニック・コード(4和音)は、「メジャーセブンス、マイナーセブンス、マイナーセブンス、メジャーセブンス、ドミナントセブンス、マイナーセブンス、マイナーセブンスフラットファイブ」の順番で並び、他のメジャーキーでも同じ
  • ダイアトニック・コード(4和音)を使うと、キーから外れない自然な響きが得られる
  • 次回は、一度ダイアトニックコード関連から離れ、実際のアレンジなどにも生かせる、
    コードの応用方法を学んでいきましょう。

    なお、まずメジャーキーによる曲作りを学んでから、取り上げていきます。
    そうすることで、マイナーのダイアトニック・コードがより理解しやすくなります。


記事の担当 伊藤 和馬/Kazuma Itoh

伊藤 和馬

18歳で渡米し、奨学金オーディションに合格後、ボストンのバークリー音楽大学で4年間作曲編曲を学ぶ。
バークリー音楽大学、現代音楽作曲学部、音楽大学課程を修了。
日本に帰国後は、Pops・アニメソング・アイドルソング・CM・ゲーム・イベントのBGMまで、幅広い作曲・編曲の技術を身につけ作編曲家として活動している。

講師のプロフィールを読む