リバーブ成分の音域をコントロールする Studio One 使い方

Author: sleepfreaks

空間周波数をコントロールしクオリティを上げる

「リバーブ」は楽曲の空間を表現するエフェクターで、
楽曲クオリティを上げるためにはとても重要なものです。

以前にご紹介した記事

上記記事では「複数のトラックで1つのリバーブを共有する」という王道テクニック
「センド&リターン」 をご紹介しました。

今回はこれを応用した空間テクニックをご紹介します。

リバーブトラックへEQを適用し周波数をコントロールする。

これにより

  • リバーブ成分がハッキリ聞こえる
  • 低音楽器との被りを防ぐ

などの効果を期待することができます。


StudioOne リバーブEQの設定方法

方法は至って簡単です。

Insert

「FXチャンネル」に対して、イコライザーを適用します。

EQ

「ローカット」を適用し、場合によって高音域を持ち上げるのも効果があります。

これだけで「リバーブ」成分がかなりすっきりとした印象になります。
簡単かつ楽曲の空間を整えるのに非常に有効です。是非試してみてください。

製品のご購入