iZotope Stutter Edit 2_ ジェスチャーの概念

Author: sleepfreaks

Stutter Editを操作するための基本概念

前回は「プリセットの適用方法」を中心に解説を行いました。

今回はその効果をご自身で作成することができるように、
「Stutter Edit」の概要を見ていきましょう。

他ソフトでは見られない概念も多いかと思いますので、
順を追って解説を進めていきます。

StutterEdit 解説動画




DTM解説情報をつぶやくTwitterのフォローもお願いいたします。


  1. 1適用とコントロール
  2. 2ジェスチャーの概念
  3. 3ピッチコントロールジェスチャー
  4. 4各パラメーターのコントロール
製品のご購入はこちらから

変化の幅を調整する

変化幅

「Stutter Edit」の特徴的なサウンドは、
徐々に値を変化させることで作り出されます。

この概念は「Stutter Edit」上の他パラメーターで共通となります。

変化の方向を指定する

変化の方向

変化の方向は「Blue」→「Green」へ進んでいきます。

変化の方向 入れ替え

そのため、左右をドラッグで入れ替えることで、
変化の方向を逆にすることができます。

効果の固定

ダブルクリックを行うことで、効果の動きを固定化することができます。
解除もまたダブルクリックで行います。





変化のスピードを指定する

変化スピード

「Gesture Length」からは効果が一周する周期を音符で指定することができます。

効果の往復

「Palindrome Looping」からは効果の往復を指定することが可能です。

  • 消灯 : 効果が最終地点まで到達すると、頭に戻り繰り返されます
  • 点灯 : 効果が最終地点まで到達すると、頭に向かって折り返します

変化具合

効果が変化していく角度を設定することができます。
このパラメーターで「徐々/一気に変化」というニュアンスをつけます。

製品のご購入はこちらから





DTM解説情報をつぶやくTwitterのフォローもお願いいたします。