iZotope Stutter Edit 3_ ピッチコントロールジェスチャー

Author: sleepfreaks

Stutter Editで特殊アルペジオを作成する

StutterEdit

前回は「ジェスチャー」のコントロールを中心に進めてきました。
そして、今回はそれらを応用した「メロディックノート」を解説していきます。

連打だけではなく、効果に音程をつけられるという機能で、
他コントロール部と組み合わせることで、アルペジオとは少し異なる効果を得る事ができます。

StutterEdit 解説動画



DTM解説情報をつぶやくTwitterのフォローもお願いいたします。



  1. 1適用とコントロール
  2. 2ジェスチャーの概念
  3. 3ピッチコントロールジェスチャー
  4. 4各パラメーターのコントロール
製品のご購入はこちらから

メロディックノートの適用

メロディックノート

赤囲み部分の鍵盤クリックし、鳴らしたい音程を選択します。

音程

「Stutter」部分に音程が追加されます。
実際に演奏させる音程範囲を選択してください。

クオンタイズ

このままの場合、音程に「グライド」が適用され、
はっきりと音程の区分けがつきません。

「QUANTIZE」をオンにし、
音程移動がどのくらいのスピードで動くのかを設定します。

併用

また連打効果の「Stutter」を併用することができるため、
ジェスチャー表現に更にバリエーションを加えることができます。

製品のご購入はこちらから





DTM解説情報をつぶやくTwitterのフォローもお願いいたします。