Native Instruments 7_ Battery 使い方 エフェクト

Author: sleepfreaks

Batteryでは各CELLへ個別にエフェクトを適用する事が可能

エフェクトを使用して音に磨きをかけます。

Battery effect

↑ エフェクトを適用したいCellを選択し「Effects」 タブをクリックします。

様々なエフェクト処理を行えます。

「Compressor」や「EQ」に関しては次項の「パラアウト」を使用する方法がオススメですが
この中の「Lo-Fi」と「Saturator」がかなり使えます。




DTM解説情報をつぶやくTwitterのフォローもお願いいたします。


Lo-Fi

Lo-fi

↑ 音質をあえて劣化させ、味を出すエフェクトです。
音をオケに馴染ませる際にも効果的です。

  • 「Bits」「Hertz」
    主にこの2つのツマミを使い、音質を落とします。
    ツマミを左に回すほど音質が劣化していきます。
    音の芯が無くならない程度に適用するのがポイントです。
     

「適用前」

「適用後」

Saturator

Saturator

↑ アナログを意識した歪み成分を加え音を太くするエフェクトです。
ピークがつぶれるため、音圧感も出すことができます。

  • 「Saturate」
    ツマミを右に回すほど歪み感が増し、音が太くなります。
    パンチが足りない音に最適です。
     

スネアに対して適用しました。

「適用前」

「適用後」





センドエフェクト

リバーブとディレイはセンドエフェクトとして使用します。

Re_De

↑ 「Master」タブをクリックし、その中の「Delay」と「Reverb」の電源を入れます。

SEND

↑ その後、適用したいCellを選択し「Effects」→「Send」から
個々にかかり具合を調整することができます。

※マスターで「Delay」「Reverb」をオンにした時点で、
全てのCellにかかってしまいます

Re_De_0

↑ 「Delay」「Reverb」を適用したくないCELLは
「Send値」を一番左に振り切ってください。




DTM解説情報をつぶやくTwitterのフォローもお願いいたします。