EDMの作り方 ハイハットの打ち込みテクニック

Author: sleepfreaks

ハイハットで細かなノリを補強する

ハイハットは「キック」や「スネア」で構成されたビートを更に聴きやすくするため。
細かなノリを加えるキットピースです。

アクセントは「スネア」の方が強いですが、
さりげないビート感を演出することを得意としています。

ここでは「ハット」のテクニックを中心に解説を進めていきます。

サウンド作成


DTM解説情報をつぶやくTwitterのフォローもお願いいたします。


製品のご購入

当製品が含まれた超お得なパッケージ!
リズム、生楽器、シンセなど、あらゆる種類の音源が収録されています。

ハイハットのベーシックパターン

オープンハット

同じハイハットでも手法によってアクセントの強さが異なります。
「8分裏」にアクセントが強めの「オープンハット」を入れるのがEDMでは定番です。

16分裏
もし細かなノリを出したい場合は「16分音符の裏」にノートを入れます。
これで、スピード感があるビートを得ることができます。

ハイハットの発展パターン

サウンドを変える

上記で裏拍を入れた後に「わざとらしくなってしまう。。」
そのような場合は、裏拍部分のクローズハット音色を少し変えてみてください。
連打感が和らぎ、ナチュラルなサウンドを得る事ができます。

ハット定位

またそれぞれのハットのPANを極端に変えることで、
ハットのビートに動きを出す事ができます。

生では使用されませんが、エレクトロではかなり多用されます。

PANの後

PANを変えた後は、良い感じになるように少しパターンを変えてみてください。
更にカッコいいビートとなります。




DTM解説情報をつぶやくTwitterのフォローもお願いいたします。