セカンダリー・ドミナント⑤ 実践編2 /音楽理論講座 

Author: sleepfreaks

メロディーへの意識

theory_62_09

前回までで、セカンダリー・ドミナントを取り入れている楽曲の分析や、今まで出てきたコード進行にアレンジとして取り入れるということを行ってきました。

今回も同様に分析やアレンジを行っていくのですが、今までとは違いメロディーにも新たな可能性があるということを意識して進めてみましょう。
メロディーにおいても、前回までに出てきた”部分転調”という言葉がポイントになります。


DTM解説情報をつぶやくTwitterのフォローもお願いいたします。



「”部分的”に”転調”する=他のキーからコードを借りてくる」というところまでは大丈夫だと思います。
ですがそのコード上で鳴るメロディーも、他のキーのスケールの音から持ってこれるのではないか?という考え方も出来るのではないでしょうか?

「アヴェイラブル・ノート・スケール」「ペアレントスケール」といった概念と同時に説明されることが多いですが、今回は新たなメロディーの可能性に注目し、今までの内容でできることを中心に進めてまいります。

前回のカノン進行に続き、第23回、26回目で出てきた、俗にいう王道進行を用意しました。

IV→V→IIIm→VIm


IVmaj7→V7→IIIm7→VIm7

IVmaj7→V→IIIm7→VIm7

今回はKey=Cメジャーで、大元の進行をIVmaj7→V→IIIm7→VImとして確認します。

theory_62_01

まずは、2回し分のコードを打ち込みます。

theory_62_02
theory_62_03

前半部分に、このようなメロディーを用意しました。

先ほどのコードと合わせて聞いてみましょう。

セカンダリードミナントコードを取り入れる

theory_62_04

では次に、2回し目の四角で囲った箇所にセカンダリー・ドミナントを使ってみましょう。

VImの前ですので、

V7/VI

E7→Am7


E→Am

E7→Am

などのパターンが考えられます。

theory_62_05

今回はEm7の部分にE7を取り入れてみました。
一度聴いてみましょう。


メロディーをアレンジする

theory_62_06

ここで、コードトーンを意識してみましょう。

KeyはCですが、部分転調の一つであるセカンダリードミナントのE7を使用しているので、コードトーンにG#がついているところに注目です。
この音( G#)をメロディーで使用してみましょう。

theory_62_07
theory_62_08

このようなメロディーをつけてみました。

theory_62_09

合わせて確認してみましょう。
✳︎メロディーは同時表示で重ならないように、ワンオクターブ上げています。

theory_62_10

ハーモニックマイナー、メロディックマイナーの際の知識があれば、上記のことはスケール理論がなくてもできそうですね。

theory_62_11

同じくKey=Cの、別のコード進行でも試してみましょう。

theory_62_12

セカンダリードミナントである「C7」のコードトーン、Bbを意識してメロディーも乗せてみましょう。

もちろん前半部分で少し触れたスケールの知識があれば見え方も少し違うのですが、まずはアボイド・ノートの知識ysハーモニック、メロディック・マイナーの知識で、メロディも外してみて新しい表現に挑戦してみてください。

次回もコード進行にセカンダリー・ドミナントを取り入れるのですが、今までとは違う使い方を分析、確認していきます。




DTM解説情報をつぶやくTwitterのフォローもお願いいたします。




記事の担当 伊藤 和馬/ Kazuma Itoh

講師 伊藤
18歳で渡米し、奨学金オーディションに合格後、ボストンのバークリー音楽大学で4年間作曲編曲を学ぶ。 バークリー音楽大学、現代音楽作曲学部、音楽大学課程を修了。
その技術を活かし、POPSから映像音楽まで、幅広い作曲活動を行っている。

講師の作品

  1. 講師_伊藤のプロフィールを読む