セカンダリー・ドミナント④ 実践編 1 /音楽理論講座 

Author: sleepfreaks

セカンダリードミナントを活用する

theory_61_05

前回までで、セカンダリー・ドミナントを使用した楽曲を分析しどのように使用されているかを確認してきました。
今回は今まで出てきたコード進行に、セカンダリー・ドミナントを取り入れてアレンジしてみましょう。

では、まず最初に第22回目、23回目で出てきたカノン進行にセカンダリー・ドミナントを取り入れたアレンジをしてみましょう。
オリジナルはキー=Dメジャーですが、解説ではKey=Cメジャーで確認していきます。


theory_61_01

カノンの進行を分析しローマ数字を振り分けた結果、上の画像のようになりました。
このローマ数字の箇所に、スケール音を入れて作り上げていきましょう。

theory_61_02

こちらの表に従って当てはめていきます。

theory_61_03

Key=Cメジャーの場合は
C→G→Am→Em→F→C→F→G
ですね。

theory_61_04

MIDIを用意してみました。

theory_61_05

もちろん他の箇所にも入れることは可能ですが、今回はオレンジで囲んだ箇所に、セカンダリー・ドミナントを取り入れてみましょう。

ここで今までの内容を思い返してみましょう。

AmをImと捉えた場合のV7(V)は E7(E)です。

V7/VI

E7→Am7


E→Am

E7→Am

FをIと捉えた場合のV7(V)は C7(C)です。

V7/IV

C7→Fmaj7


C→F

C7→F

GをIと捉えた場合のV7(V)は D7(D)

V7/V

D7→G7


D→G

D7→G

では、これを取り入れてみましょう。

theory_61_07

このようになりました。
✳︎ボイシングは変えてあります。

今までの内容を使用し、解析してみましょう。


theory_61_08

上記のコード進行は、まだ先になりますが他のテクニックを学ぶ際に比較として出てきますので、打ち込んだMIDIを取っておくことをお勧めいたします。

theory_61_09

もちろん、他の箇所にも入れることもできますね。

カノン進行感は残ったままですが、次のコードを早く聴きたい、緊張から安定の連続の印象が強いですね。
意識して聞いてみたり、打ち込んだものをスロー再生してみるとトライトーン、3和音ですとリーディングトーンからの動きが感じ取れるかと思います。

次回も今まで出てきた進行に取り入れて確認していくのですが、コードだけではなくメロディーにも新たな可能性があるというところを意識してみましょう。


記事の担当 伊藤 和馬/ Kazuma Itoh

講師 伊藤
18歳で渡米し、奨学金オーディションに合格後、ボストンのバークリー音楽大学で4年間作曲編曲を学ぶ。 バークリー音楽大学、現代音楽作曲学部、音楽大学課程を修了。
その技術を活かし、POPSから映像音楽まで、幅広い作曲活動を行っている。

講師の作品

  1. 講師_伊藤のプロフィールを読む