セカンダリー・ドミナント⑥ 実践編3「あえて解決しない①」/音楽理論講座 

Author: sleepfreaks

あえて解決しない流れを理解する

今回は、今まで学んできたセカンダリー・ドミナントの知識を使用してコード進行を分析した際に出てくる、今までにない使い方について確認してみましょう。

本講座でおなじみの曲Les Feuilles Mortes(Autumn Leaves)で進めて参ります。


theory-63-10
メロディーは上図になります。

theory-63-12

サンプルはKey=Gメジャー、もしくはEmでしたね。

theory-63-11

コードは上図のようになります。

合わせて聴いてみましょう。


✳︎(譜面によっては、これ以外のコードで書いてある場合もございます)

第55回目とは違い、後半部分を聴いてみましょう。
コードとメロディーのシンプルなバージョンで確認します。

theory_63_01

まずはメロディーを聴いてみましょう。

theory_63_02

次にコードと合わせて聴いてみます。


コード進行を解析する

theory_63_03

続いてコード進行を解析していきます。
緑色の四角で囲んだ箇所を意識してもう一度聴いてみましょう。

theory_63_04

では今までの内容を思い出して、ディグリーネームを書き込んでましょう。
現在はKey=Gメジャーで解析していますが、難しければKey=Cメジャーにしてみてもいいかもしれません。

theory_63_05

Key=Cメジャーに変更してみました。
こちらも聴いてみましょう。

次に、上記の緑の四角のコードからノンダイアトニックコードの箇所を確認してみましょう。

theory_63_06

黄色の四角で囲ったIII7(マイナーのV7)のE7とI7のC7が、ノンダイアトニックコードとなります。
E7は、今まで通りに解決していますね。

V7/VI

AmをImと捉えた場合のV7(V)は E7(E)となります。

E7→Am7


E→Am

E7→Am

ですが、C7はどうでしょう?

今までの流れですと、現在学んでいるセカンダリー・ドミナントで「ノンダイアトニックコードの箇所=V→Iの関係でしょ?」となりそうですが…。

theory_63_07

お馴染みの「Fly Me to the Moon (In Other Words)」の譜面を思い出してみましょう。


シンプルなコードのみの場合

theory_63_08

今まで学んできたもののおさらいをしてみましょう。


V7/IV

C7→Fmaj7


C→F

C7→F

theory_63_09

いつもはIVに行っていましたが、今回の譜面はIVには行かず、VIIm7b5に行っています。
しかし違和感は特に感じませんでした。

この「セカンダリードミナントがIに解決していない場合がある」という意識を持ったまま、次回今までとは違った使い方を確認してまいりましょう。


記事の担当 伊藤 和馬/ Kazuma Itoh

講師 伊藤
18歳で渡米し、奨学金オーディションに合格後、ボストンのバークリー音楽大学で4年間作曲編曲を学ぶ。 バークリー音楽大学、現代音楽作曲学部、音楽大学課程を修了。
その技術を活かし、POPSから映像音楽まで、幅広い作曲活動を行っている。

講師の作品

  1. 講師_伊藤のプロフィールを読む