セカンダリー・ドミナント③ /音楽理論講座

Author: sleepfreaks

ダブルドミナント ドッペルドミナント

theory_60_01

前回は「V→I」という解決の動きを、他のメジャー・ダイアトニックコードにもつけてあげることでセカンダリードミナントを確認していきました。
その中で、5番目のコード・7番目のコードに他にない違和感を感じましたので、今回はその原因について解説していきます。

Key=Cメジャーで確認しましょう。
前回のおさらいとして、
「7番目のコードの動きは稀にセカンダリードミナントとして説明されることもありますが、m7b5,dimは解決先のIとしては不安定すぎるため、基本的にVIIdim,VIIm7b5にセカンダリードミナントはないと考えることが多い」という内容でした。
実際に聴いてみましょう。

F#7→Bm7b5


F#→Bdim

F#7→Bdim


V7/V

theory_60_02

続いてこちら5番目のコードも確認してみましょう。

D7→G7


D→G

D7→G

こちらは、Gへ行った際には解決感を得られましたが、ブルースなどに馴染みがない方はG7へ行った際に違和感を感じるかもしれないというものでした。

もう一度聴いてみましょう。
D7→G7

このコードはⅡ7から強進行して主音(トニック)のダイアトニックコードのドミナントコードⅤ7に進行します。
つまり、そのキー上のドミナントコードに進行するセカンダリードミナントコードということになります。
それにより、機能と役割も若干違ってきます。
今回は、この5番目の箇所を掘り下げていきます。


ダブル・ドッペルドミナントについて

こちらの5番目の箇所は、特別に名前がついております。

その名前は
ダブル・ドミナント、ドッペルドミナント(ドッペルドミナンテ)などが一般的です。
ダブルは英語で、ドッペルとは、ドイツ語で「二重の」などの意味になります。

セカンダリードミナントは、部分転調して次のコードに解決する役割をしていました。

theory_60_03

一例として部分転調で一瞬Key=Fメジャーなどがあります。

V7/IV

C7→Fmaj7


C→F

C7→F

theory_60_04

ボイシングを整えて確認してみましょう。

このII7(V7/V)→Ⅴ7の進行はトライトーンが平行に半音下行して、Ⅴ7のトライトーンへ繋がるという特徴があります。
4和音同士の場合は、どちらもドミナント・セブンス・コードですのでトライトーンが連続で出てくるということですね。

上記はKey=Cのダブルドミナント部分だけですが、ルートを強進行にしドミナント・セブンスコードを滑らかに繋げてみます。

theory_60_05

そうするとコードが、
D7→G7→C7→F7→Bb7→Eb7→Ab7→C#7→F#7→B7→E7→A7→またD7→G7→…
といったようになります。

この並び何かを思い出しませんでしょうか。

theory_60_06

そう、5度圏の並びですね。
各キーのドミナント・コードが並んでるイメージでもいいですね。

上記を利用すれば、色んなキーに転調、最終的に落ち着くことができそうです。
実際にやって見ましょう。

theory_60_07

元のキーはCですが…

コード
C→Am→Dm7→G7→C7→F7→Bb7→Eb

Ebメジャーに落ち着きましたね。

theory_60_08

もちろん、ハーモニック、メロディックマイナーの箇所を含む今まで知識があれば、

コード
C→Am→Dm7→G7→C7→F7→Bb7→Ebm

Ebマイナーにも落ち着くことができますね。

次回は、今までの内容と今回の内容を合わせて
実際に使用してみたり、定番の進行に取り入れたりしてみましょう。


記事の担当 伊藤 和馬/ Kazuma Itoh

講師 伊藤
18歳で渡米し、奨学金オーディションに合格後、ボストンのバークリー音楽大学で4年間作曲編曲を学ぶ。 バークリー音楽大学、現代音楽作曲学部、音楽大学課程を修了。
その技術を活かし、POPSから映像音楽まで、幅広い作曲活動を行っている。

講師の作品

  1. 講師_伊藤のプロフィールを読む
                       
CATEGORY:
音楽理論 初級編