基本的な音符の長さと連符について

Author: sleepfreaks

基本的な音符の長さと連符について

今回は「連符」について記事と動画で解説いたします。
楽譜作成のみならず、打ち込みの場面でも役立ちますので、ぜひ参考にしてください。

連符 解説動画

  1. 1MIDIの基礎知識
  2. 2MIDIの「パラメーターと数値」について
  3. 3ソフトシンセ/プラグイン DAW対応規格の注意点
  4. 4オーディオインターフェイス選びの注意点
  5. 5サンプラー 1 素材をサンプリングしてリズム楽器を作る
  6. 6サンプラー 2 素材から音程楽器を作る
  7. 7ピアノロールとリズムの読み方 1
  8. 8ピアノロールとリズムの読み方 2
  9. 9ピアノロールとリズムの読み方 3
  10. 10必ず合わせたい楽曲の基本チューニング
  11. 11連符について



DTM解説情報をつぶやくTwitterのフォローもお願いいたします。


基準となる音符の長さ

renpu_1

4拍子の1小節の長さを「全体」で表し、それを偶数で分割していくと、それぞれの音符の長さが得られます。

renpu_2

楽譜で書き表すと、棒(符尾)がつかない白玉(符頭)=「全音符」です。

renpu_3

全音符=4拍を半分、つまり2つに分けると「2分音符=2拍」

楽譜で書き表すと、棒がつく白玉=「2分音符」です。

renpu_5

全音符を4つに分けると「4分音符=1拍」

renpu_6

楽譜で書き表すと、棒がつく黒玉=「4分音符」です。

renpu_7

全音符を8つに分けると「8分音符=半拍=1/2拍」

renpu_8

楽譜で書き表すと、棒に旗がつく黒玉=「8分音符」です。旗は2つ、4つまとめて桁(連桁)で書くこともできます。

renpu_9

全音符を16つに分けると「16分音符=1/4拍」

renpu_10

楽譜で書き表すと、棒に旗が2本つく黒玉=「16分音符」です。旗はまとめて桁で書くこともできます。

以下画像は省略しますが、同様に「32分音符」「64分音符」「128分音符」…となります。

拍のかたまりを奇数で分割する「連符」

renpu_11

例えば、1拍分の長さを、3つに分割したものを「1拍3連符」と呼びます。
Division(分割)グリッドは1/12となります。

renpu_12

楽譜で書き表すと、8分音符3つを括って「3」と記すので、俗に「8分3連」とも言われます。

renpu_13

さらに半分の長さに圧縮すると、半拍(1/2拍)を3つに分割するので「半拍3連符」と呼びます。
Division(分割)グリッドは1/24となります。

renpu_14

楽譜で書き表すと、16分音符3つを括って「3」と記すので、俗に「16分3連」とも言われます。

renpu_15

楽譜としては、1拍を6つに分割した16分音符6つを括って「6」と記した「1拍6連符」も、実質「半拍3連(16分3連)」と同じ長さとなります。
表記の違いは、アクセントやフレーズ感の取り方に影響します。

renpu_16

先の1拍3連を、2倍の長さに拡大すると、2拍を3つに分割するので「2拍3連符」と呼びます。
Division(分割)グリッドは1/6となります。

renpu_17

楽譜で書き表すと、4分音符3つを括って「3」と記すので、俗に「4分3連」とも言われます。
ちなみに、8分3連の音符2つをタイで繋いだ長さが、4分3連1つと同じ長さとなります。リズムの練習をするときに意識しましょう。
その他、5連符、7連符…などが考えられます。

連符を含む、さまざまなリズムの形を覚えるためには、
拙著『できる ゼロからはじめる楽譜&リズムの読み方』(リットーミュージック)を参照いただければ幸いです。

記事の担当 侘美 秀俊/Hidetoshi Takumi

Sleepfreaks DTM講師 侘美 秀俊
  1. 講師のプロフィールを読む




DTM解説情報をつぶやくTwitterのフォローもお願いいたします。