Skrillexのようなワブルベースを作る②

Author: sleepfreaks

「Skrillexのようなワブルベース」第二弾

Wobble_EDM_Dubstep Synth part1_1-1

お悩み相談室へのAnswer動画「Skrillexのようなワブルベースを作る」第二弾です。
前回の続編となりますので、ぜひ続けてお読みいただければと思います。

今回はエンヴェロープを駆使した、吠えるようなサウンド作りを中心に解説します。

サウンド作成方法

Massiveの設定

OSC1の設定

「Pulse-Saw Sync」もしくは「Hard Sync」を使用します。

wt

  • Pulse-Saw Sync PulseにしてSyncを調整。
  • PSS

  • Hard Sync Intensityを最大にしてWt-Positionを調整。
  • HS

今回は、Hard Syncを使用していきます。


Envの設定

音色に時間的な変化を与え、叫ぶような音とするため、Env1を使用します。

Env

  • Intensityを「Bend +」に設定。
  • Env1のAttackの時間をかけてWt-Positionは右へ、Intensityは左へ動くように設定。
  • Levelを最大に設定し、Releaseはお好みで戻り具合を調整します。


Vibratoの設定

音の伸びに合わせて細かくピッチを揺らすため「Vibrato」を設定します。

Vibrato

  • Rateは最大に設定。
  • DepthにEnv1をアサインし、Attackの時間をかけて揺れが激しくなるようにします。


NOISEの設定

Env1をNOISEのAmpにアサインし、サウンドが叫ぶ感じを強調します。

noise


Voicingタブの設定

PanPosition

  • 「Unisono」→「8」程度(やや多め)。
  • 「Pitch Cutoff」ほんの少し入れて厚みを出します。
  • 「Pan Position」にEnv1を適用し、段々と広がる感じにします。

Pitch Cutoffの影響でアタックが弱まるのを防ぐため、
OSCタブの「Restart via Gate」をオンにします。
OscPhases

エフェクトの設定

FX1
FX2

  • FX1 →「Classic Tube」 FX2 →「Dimension Expander」
    それぞれを少しかけ、音の太さや広がりを足します。
  • INSERT

  • INSERT →「Bitcrush」
    あえて音を劣化させてインパクトを出します。
  • INSERTエフェクトをかける際にはルーティングに注意してください。
    デフォルトでは、INSERT1は各フィルターの後ろ、INSERT2はフィルターミックス後ろに配置されています。
    Routing

    一方、フィルターへの振り分けとミックスは、デフォルトでは半分となっているため、
    このままではBitcrushのエフェクトがかかる量が減ってしまいます。
    対応策として、OSC1をF1側へ振り切り、MIXもMix1へ振り切っておきます。

    FilterMix


Env1にVelocityの要素を加えてみる

ここまで様々なパラメーターにEnv1をアサインしてきましたが、
ここでVelocityによる効きの強さを変えられるようにしてみましょう。

Velo

やり方はとても簡単で、Env1のVelのスライダーを上げるだけです。
上げる量に応じて変化の量も変わりますので、お好みで調整してください。


マスターAMPにLFOをかける

最後にマスターAMPにLFOをかけ、マクロでコントロールできるようにすると、
更に音色に変化を与えることができます。

LFO

  • 上の波形は「Square」、下の波形は「100%」とします。
  • Syncをオンにして「1/16」とします。
  • 上と下の波形を行き来できるよう、マクロを「XFade Curve」にアサインしておきます。
  • Macro





設定は以上です。

あとはDAW側の打ち込みで、タイミングによってベロシティを変えたり、
マクロにオートメーションをかけるなどして、様々な音色変化を付けてみてください。

マクロをハードウェアのツマミにアサインする等すれば、
更に直感的なフレーズ作りが行えるとおもいます。