「Omnisphere 2」3_ グラニュラーセクション

Author: sleepfreaks

用意したオーディオ素材をシンセとして使用する

グラニュラー

今回はOmnisphere 2の目玉機能
「グラニュラーセクション」について解説を進めていきます。

自ら用意したオーディオ素材を取り込み、
その素材を活かしたサウンドメイキングが可能です。

<<グラニュラーシンセシス_GranularSynthesisについて>>

Omnisphere 2 解説動画



  1. 1Browserの使用
  2. 2シンセサイザーセクション
  3. 3グラニュラーセクション *当記事となります



オーディオ素材の取り込み方法

素材の読み込み

サウンドブラウズ画面より「User Audio」を選択し、
その下のウィンドウをクリックすることで、オーディオ素材を読み込むことができます。

読み込んだ段階で、素材が鍵盤に配置され、
サンプラーのような音程変化を得ることができます。

グラニュラーを有効にする

前項でも解説を行っています、エディット画面へアクセスし、
「GRAN」を選択し電源をオンにします。

グラニュラーのモード

モード

「SPEED/POSTION」から素材の再生形式を指定し、
上のスライダーで詳細を調整します。

  • SPEED : グラニュラーによって分割された素材の再生速度を調整するモードです。
    スライダーが左〜中央までは、素材を引き延ばされ、
    中央〜右までは、素材を逆再生します。
  • POSITION : 素材の中の場所を指定し、グラニュラー効果を得ることができます。
    その場所をスライダーで指定します。

各パラメーター

パラメーター

  • GRAIN DEPTH : GRAINの数を増やしサウンドに複雑性を与えます。
  • INTENSITY : GRAINの細かさを決定します。サウンドに強烈なウネリを与えます。
  • SMOOTHING : GRAIN同士の繋がりを滑らかにします。
  • SPRED : 左右の広がりを調整します。
  • DETUNING : サウンドの音程をズラし厚みを与えます。

パラメーター2

  • PITCH GRAINS : 上記、DETUNINGよりも更に強い音程変化を加えます。
  • INTERVAL : 音程の変化単位を指定します。
  • GLAIDING : 音程の変化を滑らかにすることができます。
  • DERECTION : ピッチの移動方向を指定します。(PITCH GRAINSが0の時は効果が得られません)
  • RANGE : 音程変化のニュアンスを決定します。