Reaktor_フリー音源のダウンロードと管理方法

Author: sleepfreaks

膨大なシンセ/エフェクトを入手!!

REAKTOR

社からリリースされている「Reaktor」
このソフトの魅力は、ユーザーがシンセサイザーを作れてしまうことです。

そして、世界のユーザー達によって作られたシンセサイザーは、無料で公開されています。
こんな素敵な話はありません。

そこで今回は、そのフリー音源のダウンロード!
そして、ダウンロードを行った音源をReaktorで扱うための解説を行っていきます。

REAKTOR フリー音源のダウンロードと管理方法




DTM解説情報をつぶやくTwitterのフォローもお願いいたします。


製品のご購入

Massiveが含まれた超お得なパッケージ!
リズム、生楽器、シンセなど、あらゆる種類の音源が収録されています。

動画ポイント_フリー音源をダウンロードする

User Libraries

Native Instrumentsのサイトへアクセスし多くのライブラリをダウンロードします。
Reaktorだけではなく、ABSYNTH、GUITAR RIG、KONTAKTなどのプリセットも用意されています。

http://www.native-instruments.com/jp/community/user-libraries/

boscomac

フランスのクリエイター boscomac氏のHPでも、
美しく高音質な音源をダウンロードすることができます。

http://boscomac.free.fr/

動画ポイント_フリー音源の管理

REAKTOR 5 ライブラリ-1

ダウンロードした「.ens」ファイルを配置します。

  • Mac
    「システムHDD」 → 「ユーザー」→ 「ユーザー名」 → 「書類」 →
    「」 → 「Reaktor5」 → 「Library」
  • Windows
    「Cディスク」 → 「ユーザー」 → 「マイドキュメント」 →
    「」 → 「Reaktor5」 → 「Library」

上記の階層へ移動します。

ライブラリの場所

この「Library」の中に任意の名前(ここではDownload)をつけたフォルダを設置し、
その中に音源を入れていきます。

またそのフォルダ(Download)の中に更にフォルダを作るなどの入れ子構造も可能です。

読み込み

Reaktor5上で「User」を選択すると、上記で作成したフォルダができています(Download)
後は目的の音源を辿っていき、ラックへドラッグ&ドロップし音源を読み込みます。

製品のご購入

Massiveが含まれた超お得なパッケージ!
リズム、生楽器、シンセなど、あらゆる種類の音源が収録されています。





DTM解説情報をつぶやくTwitterのフォローもお願いいたします。