1. オーディオインターフェイスの設定 Ableton Live

Author: sleepfreaks

Liveの音をどこから鳴らすのか?を設定

Liveを導入し一番最初にやるべきこと。
それは「Liveの音をどこから鳴らすのか?」 

この設定を行なうことで

「パソコン」から音を鳴らすのか?
お使いの「オーディオインターフェイス」から音を鳴らすのか?

これらを用途に合わせ切り替えることができます。

それでは設定を行なってみましょう。

入力/出力装置の設定

環境設定

上メニュ →「Live」→「環境設定」を選択します。

環境設定

環境設定ウィンドウが表示されます。

左の「Audio」タブを選択し、

赤囲み部分の「オーディオ入力/出力デバイス」を
使用したい「オーディオインターフェイス」に変更します 

  • 入力_音が入ってくる入り口です。
    ボーカルやギターなど、生の音を録音する際に設定します
  • 出力_Liveの音が出ていく出口です。
    私達は実際にこの出力から出てくる音を聴くこととなります。

「入力」「出力」ともに同じ装置を選択するのがオススメです。 

入力/出力チャンネルの設定

上記で「装置」を決定した後は、
装置で使用するチャンネルを決定する必要があります。

In/Out

各入力/出力をクリックし、設定を行ないます。

ここでは「入力チャンネル」を例にご紹介します。

IN

チャンネル名をクリックし黄色に点灯させることで、
Live上でそのチャンネルが有効となります。

※良くわからないという場合 
全て点灯させていただければOKです(笑)
記事を読み進めていただくにつれて必ず理解することができます。

設定後は「OK」をクリックし、
同じ要領で「出力チャンネル」の設定も行ないます。

Out

出力チャンネルは基本的に「Stereo_ステレオ」を点灯させるだけで構いません。

以上が「オーディオインターフェイス」などのデバイス設定となります。
これで「ボーカルを録音する」「スピーカーから音を出す」などが行なえるようになります。

オーディオインターフェイス選びに関して

  • サイト使用協力 : 株式会社サウンドハウス

Soundhouse

機材トラブルがあった場合は

音が鳴らない等、機材がうまく機能しない場合は以下の方法をお試しください。