Stringsの打ち込み 1_ 楽器特性とボイシング

Author: sleepfreaks

ストリングスの基本を把握する

Strings

あらゆるジャンルで頻繁に使用される「ストリングス」
「Violin」「Viola」「Cello」「Contrabass」などの弦楽器を総称したものです。

使用する機会が多いだけに、
これら打ち込み技術を向上させることで、よりクオリティの高い楽曲制作を行うことができます。

ここでは数回に分けて「ストリングス」の打ち込みを解説して参ります。

ストリングス打ち込み解説動画

各楽器の音域と特徴

Violin

「Violin」 : G2〜E6
バンドでいえば「エレキギター」です。
ストリングス・セクション中のメロディーに使用されることが多いです。

Viola

「Viola」 : C3〜C5
Celloのオクターブ上に相当し、コードの一部を担当します。
バンドでいえば、ギターとベースの中間でサウンドをなじませる存在です。

Cello

「Cello」 : C1〜G4
Contorabassのオクターブ上をサポートすることも多く、
メインの音域が、ギターの5、6弦の音域に相当するため、
Bassとの兼ね合いに配慮が必要なります。

Contrabass

「Contrabass」 : E1〜C3
バンドでいえば「エレキベース」
オクターブ上でチェロを重ねて輪郭をつくることも多くあります。

※音域はあくまで目安であり、絶対的なものではありません。

ボイシング

ボイシング

右のように音域バランスを整えることで、
より豊かな響きを得ることができます。

共通音

コードチェンジの際は、共通音をあえて繋げることで、
よりスムーズな響きを得ることができます。