3和音のメジャーダイアトニック・コード/音楽理論講座

Author: sleepfreaks

最も基本となるコードのグループ「ダイアトニック・コード」

前回までで、様々なコードを学んできました。
他にもコードはたくさんありますが、比較的シンプルな楽曲でしたら、
今まで学んできたコードでも十分構成できます(複雑であれば良いというわけでもありません)。

そこで今回からは、「どのようにコードを選んで曲を作るか」というテーマに
移っていきたいと思います。

「ダイアトニック・コード」という言葉を耳にされたことはあるでしょうか?

簡単に説明すると、
”あるキーで作曲する際に基本的に使用できる、相性の良い3和音のコードのグループ”
ということになります。

ダイアトニック・コードのグループは、各キーごとに、3和音7つ、4和音7つで構成されます。

そしてダイアトニック・コードの最大の特徴は、
楽曲のキーのスケールに含まれる音のみで構成されるという点です。

このことから、例えばCメジャーの曲に対しては、Cメジャーダイアトニック・コードが適合しやすい
という理由が、何となくイメージしていただけるかと思います。

今回はダイアトニックの基礎知識と、3和音のメジャーダイアトニック・コードについて
学んでいきましょう。



「ダイアトニック」とは

「ダイアトニック」という言葉は、「ダイアトニック・スケール」という考え方に由来します。

ダイアトニック・スケール(全音階)=オクターブ内の音程を5つの全音と2つの半音で作り上げるスケール

難しい表現に見えますが、簡単に言ってしまえば「ドレミファソラシ」もその一つです。

ここでメジャー・スケールとマイナー・スケールを思い出していただきたいのですが、
どちらも音程の構成は全音5つと半音2つでしたね?
つまりダイアトニック・スケールは、メジャーとマイナーのスケール両方を含む(=2つの上位概念)
ということになります。
(他にも様々なスケールを含みますが、最もポピュラーなのはこの2つです)

西洋音楽は基本的にメジャーかマイナーの特定のキーで作曲されるので、
そのスケールの音のみを使うダイアトニック・コードは、必然的に相性がいいのです。

そしてもちろん、ダイアトニック・コードにも、メジャーとマイナーの別が存在します。

3和音のメジャーダイアトニック・コード

実際に曲を作るプロセスに沿って考えてみましょう。

例えば、key=Cメジャーで曲を作りたいとします。

Circle_of_5th

その場合、基本的にCメジャースケールの音でメロディーを作ることになります。

C_scale_score

Cメジャースケールで作ったサンプルのメロディをご用意しましたので、ご確認下さい。

C_melody

このメロディにどんなコードを付けていけばいいのかを考える際に
ダイアトニック・コードを知っておけば、非常に選びやすくなります。





ダイアトニック・コードの成り立ち

ダイアトニック・コードを理解するために、実際に作って成り立ちを学んでいきましょう。
まず、Cメジャースケールを用意します。

C_scale_daw

最初の音「C」に対して、右に向かって一つ飛ばしで2つの音を積み重ねます。
この場合「E」と「G」です。DAW上ならばコピーしていくといいでしょう。

C_triad_daw

このように、Cメジャーコードが出来上がります。
同様に、このプロセスをD、E、・・・と繰り返していきます。

そうすると、5つ目のGで上に重ねる、一番上の音がなくなりますね。
この場合下から持ってきても良いのですが、慣れないうちは、
Cメジャースケールの2オクターブ目も打ち込んでおくとわかりやすいです。

G_triad_score

G_triad_2oc

こうしてBまで終わったら、出来上がった3和音のコードのグループを確認してみましょう。

C_diatonic_score

C_diatonic_daw

これが、Cメジャーのダイアトニック・コード、ということになります。

前回までの内容で、これらコードが何のコードかすぐに分かる方もいらっしゃると思いますが、
もし分からない場合は、すべてのコードのルートをCにしてみましょう。
※各コードの最低音がCになるようにずらします。

all_c_root

一番左のコードがCメジャーですので、それぞれのコードがメジャーなのか、マイナーなのか、
あるいはディミニッシュ(トライアド)なのか、一目瞭然ですね。

元に戻して、ダイアトニック・コードの構成を見てみましょう。

C_diatonic_score2

C_diatonic_daw2

左から順番に

メジャー マイナー マイナー メジャー メジャー マイナー ディミニッシュ(トライアド)

という並びになります。
この構成は、他のメジャーキーであっても変わりません。

例:Dメジャー ダイアトニック・コード
D_diatonic_score

キーに合わせたダイアトニック・コードを付ける

では、上で示したKey=Cのメロディに、Cメジャーのダイアトニック・コードを付けてみましょう。

C_melody
C_chord_sample

ご覧の通り、すべてCメジャーのダイアトニック・コードで構成しましたが、
非常に綺麗な響きで、スムーズに流れていきますね。

もちろんコードを選ぶ基準は他にも色々とありますが、
まずはダイアトニック・コードを知っておくことで、格段に選択しやすくなり、
応用の知識も得やすくなります。

また、スケールに数字を振った様に、ダイアトニック・コードにも覚える際の法則があります。
後の回で触れていきますので、まずは今回の基本の内容をしっかり押さえておいて下さい。

次回は、4和音のメジャーダイアトニック・コードを取り上げます。



記事の担当 伊藤 和馬/ Kazuma Itoh

講師 伊藤
18歳で渡米し、奨学金オーディションに合格後、ボストンのバークリー音楽大学で4年間作曲編曲を学ぶ。 バークリー音楽大学、現代音楽作曲学部、音楽大学課程を修了。
その技術を活かし、POPSから映像音楽まで、幅広い作曲活動を行っている。

講師の作品

  1. 講師_伊藤のプロフィールを読む