三和音(トライアド)のメジャーコード/音楽理論講座

Author: sleepfreaks

コードとは何か?その概要を把握する

ここから遂にコードについて学んでいきます。
本格的に作曲に向かっていきそうですね。

音楽理論は、各項目がどんどん繋がっていきます。

これまでのスケールやインターバルを活かすことで、
様々なコードをどのように作成するのか?をスムーズにご理解いただけます。

理論

「コード=和音」とは、高さが異なる複数の音が響いて生まれるサウンドと言われます。

インターバルを学んだ際、2音の組み合わせでも音楽的な響きは生まれていました。
しかし、これらはコードのいずれかの音が省略されたものと考えられます。



三和音で作成されるメジャーコード

まずは3つの音で出来上がる、
三和音(トライアド)を確認していきましょう。

明るい響きを持つメジャーコードから確認していきます。

下記がCメジャーコードです。
※コードの構成音を鳴らした後にコードが鳴ります。

メジャーコードはこのように表記されることが多いです。

C-Maj-Cho

特に有名なものは

  • Cメジャーコード=C
  • Dメジャーコード=D

のような表記でしょうか。
譜面とピアノロールでそれぞれ確認してみましょう。

C-Maj-Cho

C-Maj-Cho-Daw

インターバルに注目する前に、ルート(根音)について学んでおきましょう。
ルートとは、和音の基礎となる音になります。

Cメジャーコードの基本形が、「C」と「E」と「G」となります。
この場合、「C」がルートとなり、その上に「E」と「G」が重なることとなります。

上記で表記したアルファベット部分は、ルート音ということですね。

Cメジャーコード

C-Maj-Cho

Dメジャーコード

D-Maj-Cho

それでは上記のDメジャーコードも確認してみましょう。
こちらも、コードの構成音を鳴らした後にコードがなります。

構成音はこちらになります。

D-Maj-Cho-1

D-Maj-Cho-2





メジャーコードの法則を探る

上記の分析で、CメジャーコードやDメジャーコードの作り方が判明しました。

しかし、全てのメジャーコードを丸覚えしなくてはならないのか?
何か法則はないのか、と思いますよね?

CメジャコードとDメジャーコードを比較してみましょう。

c-d-maj-2

c-d-maj-1

Dメジャーコードを全選択後、ルート音のDをCまで動かしてみましょう。

d-to-c

そうすると、両方ともCメジャーコードになります。
ということは、ルートからの音の重ねる距離が同じということですね。

ここで、メジャーコードがどのようにできているのか。
ルート音にどのように重ねているのかを確認してみましょう。

C-Cho-2

C-Cho-1

Cメジャーコードの右隣にインターバルを用意しました。

C-Cho-3

Cをルートとして、その上に重ねたEとGを右に伸ばしてみましょう。
ルートCから「M3rd上」「P5th上」を積み重ねたものが、Cメジャーコードの基本形とわかります。

同じ要領で「Dメジャーコード」も確認してみましょう。

D-Cho-1

ルートDから「M3rd上」「P5th上」を積み重ねたものがDメジャーコードとわかりますね。
これはCメジャーコードも同様でした。

このことから、
メジャーコードは「ルート」+「M3rd上」+「P5th上」を積み重ねたものと言えます。

ここでもう一つ、以前に学習した「スケールディグリー」でも覚えてしまいましょう。

1.3.5-cho

「 1 + 3 + 5 」となります。

もし「Eメジャーコード」を作り上げたい場合、まずはEメジャースケールを考えます。

E-1.3.5

Eメジャースケールの1/3/5の音 を重ねると、そのメジャーコードができるということです。

まとめます。

メジャーコードの基本形は

  • インターバルで覚えるなら : 「 R + M3rd + P5th 」
    ✴︎ルートはRとします
  • スケールディグリーで覚えるなら : 「 1 + 3 + 5 」

とてもシンプルですね。
次回は、この流れでマイナーコードを見ていきます。



記事の担当 伊藤 和馬/ Kazuma Itoh

講師 伊藤
18歳で渡米し、奨学金オーディションに合格後、ボストンのバークリー音楽大学で4年間作曲編曲を学ぶ。 バークリー音楽大学、現代音楽作曲学部、音楽大学課程を修了。
その技術を活かし、POPSから映像音楽まで、幅広い作曲活動を行っている。

講師の作品

  1. 講師_伊藤のプロフィールを読む