ナチュラルマイナーにリーディング・トーンを導入する/音楽理論講座

Author: sleepfreaks

VIIをリーディング・トーンに変えてみる

今回からいよいよ、マイナー・スケールが3種類ある理由に踏み込んでいきます。

前回予告した通り、ナチュラル・マイナーのダイアトニックコードを「コード進行の最小単位」=「Cadence(ケーデンス)=終止形」に当てはめて確認していくとともに、”戻ろうとする力”が働くリーディング・トーンを加えたバージョンも見ていきます。
27~3145~50を復習しておくことでより理解が深まるはずです。

リーディング・トーン(導音)は、半音上のトニックに導く役割を持っています。
ナチュラルマイナーでは、トニックの半音下ではなく全音下の、サブ・トニック = 下主音(かしゅおん) or 自然導音(しぜんどうおん)ということでしたが、これを半音上げ、リーディング・トーンにしてみましょう。

Key=Cマイナーで確認します。

cm_scale_score
cm_scale_daw

まずは、ナチュラルマイナーとこの新たな並びのスケールを聴き比べてみましょう。

新たに出来上がったスケールは、b6と7の間に独特の雰囲気がありますね。

このように弾いてみると、非常にクラシカルなフレーズになります。

chm_frase_score
chm_frase_daw

マイナー感をしっかりと持ちつつ、綺麗な流れですね。
この理由については後ほど触れますが、今はこの音がどのような変化もたらしているかを感じておいてください。

リーディング・トーンを追加したスケールによるマイナー・ダイアトニックコード

それでは、見たこともないコードも出てきますが、このスケールでダイアトニックコードを作成してみましょう。
作り方のイメージは、46回目等のイメージと同じです。

スケールの音を、3度ずつ(一つ飛ばし)で重ねていきましょう。

  • 3和音

chm_diatonc_triad1

  • 4和音

chm_diatonc_tetrad1

そうすると、このスケール上の5番目(ドミナント上)のコードが、3和音ではリーディング・トーンを含んだV、4和音ではリーディング・トーンとトライトーンを含んだV7が出来上がります。

これは、実はこの部分だけメジャーと同じになっていると言えます。

major_matrix_triad2
major_matrix_tetrad2

各マイナーのケーデンスによるの比較

ではここで、T→D→Tの「ケーデンス=終止形」に当てはめてみましょう。

ナチュラルマイナーの時のVm/Vm7からImに戻ったものと、リーディング・トーンを追加して、出来上がったV/V7からImに戻ったものを聴き比べてみます。

サンプルはKey=Cマイナーで、わかりやすくするために、途中で”タメ”を作っています。

終わった感じもしますが、メジャーの時のような緊張感や、不安定さから解放された感じはしないですね。もちろんこの流れも当たり前に聞きますが、緩やかになんとなく終わったイメージを与えます。

メジャー同様の、緊張感や不安定感から安定感へ落ち着く流れを、マイナーでも表現することができました。メジャーとは半音の動きが違いますが、これでマイナーでも強い解決感を得ることができそうです。

minor_resolution

次回はこの違いを意識つつ、メジャーと同様の手順を、マイナーでも一つずつ見ていきましょう。


記事の担当 伊藤 和馬/ Kazuma Itoh

講師 伊藤
18歳で渡米し、奨学金オーディションに合格後、ボストンのバークリー音楽大学で4年間作曲編曲を学ぶ。 バークリー音楽大学、現代音楽作曲学部、音楽大学課程を修了。
その技術を活かし、POPSから映像音楽まで、幅広い作曲活動を行っている。

講師の作品

  1. 講師_伊藤のプロフィールを読む