ディザリングを使用し音質の劣化を抑える Studio One 使い方

Author: sleepfreaks

StudioOne ディザリングを使用する

MIXカテゴリー「ディザリング」からの分岐記事になります。

新規ソング

↑ StudioOneでは楽曲を新規作成する際に「ビット数」を選択することができます。
ここで決めた「ビット数」がプロジェクト内で使用されます。

環境設定

↑ 上メニュー →「StudioOne」→「環境設定」を選択し、
「詳細タブ」→「オーディオ」の「ディザリングをオーディデバイスと…..」へチェックを入れます。

注意点として

Limitter

↑ マスタートラックの「リミッター」や「マキシマイザー」の
「Ceiling」は必ず「-0.1db」に設定してください。音が割れてしまいます。

ミックスダウンをエクスポート

↑ 後は通常の「ミックスダウンエクスポート」で
希望の「ビット数」(上記_Ditherと同じ値)を選択して書き出しを行えば完成です。

簡単ですが、必ず行っておきたいディザリング作業です。

ディザリングの解説


製品のご購入