オートメーションを使用する 1 Studio One 使い方

Author: sleepfreaks

あらゆるパラメーターを自動化

「オートメーション」を使用することで、
トラックの「音量」「パン」「エフェクト」などを曲中で自動変化させることができます。

オートメーションボタン

↑ 赤囲み部分「オートメーション」アイコンをクリックし点灯させます。

オートメーション表示

↑ 「オートメーション」で変化させたい「パラメーター」を選択します。
ここでは「ボリューム」を選択し進めます。

Studio Oneオートメーション解説動画

オートメーションの設定方法

鉛筆ツール選択

↑ ツールメニューから「ペンツール」を選択します。

オートメーションドラッグ

↑ 「ドラッグ」することで「オートメーション」を書き込むことができます。

鉛筆ツール長押し

↑ またペンツールを長押しして、ツールを選び変えることで
様々な線を書く事ができます。

スナップの値

↑ この際の「オートメーション幅」は「クオンタイズ値」に同期します。
写真の場合は「クオンタイズ値」は「4分音符」のため、1つの三角形が1拍ごとに繰り返されます。


オートメーションの追加方法

「オートメーション」を記録できる項目に制限はありません。
通常は一項目のみの表示ですが、記録しているオートメーション全てを表示可能です。

エンベロープを展開

↑ トラックを「右クリック」して「エンベロープを展開」を選択します。

エンベロープを展開2

↑ このように記録された「オートメーション」が全て表示されます。

表示を元に戻す場合は、再度上記の操作を行います。

オートメーションの削除方法

矢印ツール

↑ 「矢印ツール」を選択します。

オートメーション選択

↑ 削除したい「オートメーション」部分をドラッグし選択し「delete」 キーを押します。

ゲインリダクションを考慮したオートメーション順序

製品のご購入