OMFファイルを使用する Logic Pro の使い方

Author: sleepfreaks

異なるDAW間で楽曲を扱うことができる

OMFを使用することで、セッションのオーディオファイルとその位置を
他のDAWソフトで再現することができます。

OMFファイルセッション

共同作業を行う際に非常に便利な機能です。

OMFの解説




Logic OMFの書き出し方法

上メニュ→「ファイル」→「書き出す」→「プロジェクトをOMFファイルとして」を選択します。

OMF書き出しメニュー

以下ダイアログが表示されます。

OMF書き出しダイアログ

↑ 「バージョン2」を選択します。
「バージョン1」は古いソフトとの互換を保つためのもので、通常は「バージョン2」を選択します。

「オーディオ素材を含む」にチェックを入れます。

「インターリーブをスプリットステレオに変換」にチェックを入れると、
ステレオファイルが左右2つのモノラルファイルへ変換されてしまうため、通常は外しておきます。

OMF保存先

↑ 保存場所を聞かれるため、任意の保存場所を選択します。

OMFファイル

↑ 指定場所にOMFファイルが作成されました。
このファイルを他DAWソフトに読み込ませます。





OMFの読み込み方法

OMF読み込み

↑ 上メニュ → ファイル → 読み込む を選択し、OMFファイルを読み込みます。

OMF読み込み後

↑ このようにオーディオデータ、配置が完全再現されます。

OMFの注意点

  • 64bitモードでOMF機能はサポートされていません
  • OMFはオーディオファイルを扱うもので、MIDIファイルを書き出すことはできません。
    楽曲で「オーディオとMIDI」両方を使用している場合は、
    OMFの他に、SMFでの書き出しが必要になります。

「SMFの書き出し/読み込み」


Logic Pro