フェードイン/アウトを設定する FL Studio 使い方

Author: sleepfreaks

リミックスやマスタリング時に多用するフェード処理

フェードイン/アウトは音量をコントロールする操作です。

  • フェードイン: 徐々に音量が上がってくる効果
  • フェードアウト:徐々に音量が下がっていく効果

トラックごとに行うのはもちろん、楽曲全体が収められた2MIXに対して
フェードイン/アウト設定を行う場合も多々あります。

ここではフェードイン/アウト(フェード)の行い方を確認していきましょう。

フェードイン/アウトの設定

フェード操作は「オートメーション」を使用して行います。
オートメーションの詳細は以下の記事でも解説していますので、併せてお読み下さい。

ここでは楽曲全体の2mixに対してフェード処理を行ってみます。

Song

Create automation clip-2

ミキサー画面へアクセスし、
上記のオーディオが割り当てられているトラックのボリュームを右クリックします。

メニューから「Create automation clip」を選択します。

すると、プレイリスト上のクリップにオートメーションを描画できるようになります。

フェード設定

右クリックでポイントを追加し、上下に動かすことで音量を操作します。
今回はフェードイン/アウトなので、冒頭はゆっくりと音量が上がって入ってきて、
ラストはゆっくりと音量が下がるように設定します。

製品のご購入

1476761779464_ec