「フリーズ機能」で快適な作業 Cubase 使い方

Author: sleepfreaks

ソフトシンセのCPU負担をゼロに

フリーズ

作業を進めていくと当然「ソフトシンセ」の数が増えてきます。
そこで問題になってくるのが、パソコンのCPUがソフトシンセの使用に追いつかず、
操作が重くなってしまったり、動かなくなってしまいます。

この問題を解決してくれるのが「フリーズ機能」です。

Cubase フリーズ機能 解説動画




Cubase フリーズの設定方法

フリーズ

インスペクタの「雪マーク」をクリックします。
たったこれだけでOKです!!次回の再生からCPUが解放されます。

フリーズの特徴

  • CPU使用を限りなく「0」にできる
  • 一度フリーズしたトラックはフリーズ解除するまで「音量」と「PAN」以外は変更できない
    (エフェクト/打ち込みなどの修正ができない)
  • フリーズの解除は共にもう1度フリーズボタンを押すだけ
  • 「フリーズしたインストゥルメントは解放」にチェックを入れれば、メモリも解放される

作業中、パソコンが気になるという方は、是非、取り入れてみてください。

その他の解決方法

1つの「ソフトシンセ」で複数の音色を使用できる機能です。
以下の組み合わせがCPUの節約に繋がります。