ハードシンセと便利な連携 Cubase 使い方

Author: sleepfreaks

Cubaseでハードシンセをソフトシンセのように使用できる

NordLead

ハードシンセをお使いの方に是非知っていただきたい機能です。
ソフトシンセと同じ様に外部シンセを扱うことができます。

事前にお読みいただくと記事内容をさらに深く理解できます。
17_外部シンセを使用して打ち込む




動画ポイント_外部シンセの登録

シンセサイザーの登録を行います。
上メニュー「デバイス」→「VST コネクション」を選択します。

ハード機器の登録

「シンセ名」と「リターン数」を設定しOKを押します。

デバイスのポート

ポートを設定します。
シンセが繋がっているオーディオインターフェイスのチャンネルに合わせます。

動画ポイント_外部シンセの使用

外部シンセを呼び出す

通常のソフトシンセ通りに使用できます。
シンセ項目に「外部プラグイン」が表示され、登録したシンセサイザーを選択するとことができます。

MIDI入出力

MIDIトラックのチャンネルを設定することで、複数の音色打ち込みにも対応します。

オーディオミックスダウンが上手くいかない時は?