MP3 / AAC 規格に合わせて楽曲音量を最適化する SONNOX : Codec Toolbox

Author: sleepfreaks

iTunesやSoundcloudに合わせて楽曲音量を設定

Ceileng

制作した音源を書き出す際、最終段にリミッターやマキシマイザーを使用し音圧を上げます。
プラグイン内のシーリングレベルは、WAV形式で書き出すことを前提に「-0.1dB」に設定します。

iTunes

しかし、現在は音源を発表する場がインターネット上に移り変わってきています。
楽曲を購入する際は、iTunesやAmazon等を利用する方も多いのではないでしょうか?

これらサービスの多くはMP3やAACコーデックが使用されています。

ここで問題となってくるのが、
シーリングレベルを「-0.1dB」に設定していると、楽曲にクリップが発生することがあるという点です。

Sonnox Codec ToolBox

この問題を未然に感知、防ぐプラグインが、SONNOX社のCodec Toolboxです。
コーディング後に発生する、クリップをリアルタイムで確認することができます。

動画解説


動画ポイント

Sonnox Codec Toolbox_1_順序

このプラグインは必ずマスターインサートの最後に適用します。

Sonnox Codec-Toolbox_2_形式の変更

変換に使用する形式を選択した後、「Codec」を点灯させ楽曲を再生します。
サビなどの音数が多い箇所(音量が大きい部分)で確認します。

Sonnox Codec-Toolbox_3_クリップ反応

上記で指定した形式をシミュレートし、その場合のクリップの有無を確認可能です。
 

Sonnox Codec-Toolbox_4_マスターで確認

クリップしている場合、どの程度レベルオーバーしているかをマスターメーターで確認します。
この場合は、「0.4dB」オーバーしています。

Sonnox Codec-Toolbox_5_Ceiling Levelの変更

レベルオーバーとして表示された音量分、
リミッター/マキシマイザーのシーリングレベルで下げます。

このように簡単に最適値を把握することが可能です。

失われる帯域

また、「nmr」(noise to make ratio)のランプから
変換後に変化がある周波数帯域を確認することが可能です。

また、Logicを使用されていて、AAC(iTunes)への最適化を行たいという方は、
下記のプラグインを使用し、代用が可能です。