グルーブ機能でノリを作る Ableton Live 使い方

Author: sleepfreaks

簡単に楽曲のノリを設定

打ち込み操作を覚えた後の壁。

「全体のノリが機械っぽい。。」

これには様々な要因があるのですが、その要となるのは

「ベロシティ」「タイミング」「長さ」 

この3点です。

そのような時はこの「グルーブ機能」の出番です。

Liveに備わっている様々な「グルーブプリセット」をコントロールすることで、
打ち込みフレーズの「タイミング」「ベロシティ」「長さ」が自動調整されます。

「セッション/アレンジビュー」共通で使用することが可能です。
この機能を使用して、1歩上のクオリティを目指してください!!

グルーブクオンタイズ動画_1



グルーブクオンタイズ動画_2






グルーブクオンタイズの適用方法

ホットスワップ

グルーブを適用したいクリップを「クリップビュー」にて開きます。

「Clip」項目の「Groove」から
赤囲み部分の「ホットスワップ」 をクリックし点灯させます。

ブラウザ

「ブラウザ」にジャンル別で「グルーブ」が表示されます。
このフォルダの中から好みのノリを選択していきます。

グルーブ選出後

グルーブの結果を視聴しながら選出していきます。

グルーブ名の右にある「グルーブ名をダブルクリック」すると、
実際にフレーズへグルーブが適用
 されます。

※この際、ループ再生やセッションビューを使用すると便利です 

楽曲に合うものが見つかった後は、
様々なトラックへ同じ「グルーブ」を適用してみましょう。

一気に楽曲が変わったかのような変化を得ることができます。
あえて違うグルーブを使用するなども面白いです。

グルーブを解除する場合

グルーブ解除

「グルーブ名」をクリックし「None」を選択します。
これでグルーブが解除され通常の演奏に戻ります。

グルーブを確定する場合

グルーブを確定する場合

選択した「グルーブ」を確定し「MIDIフレーズ」に組み込む場合は、
赤囲み部分の「Commit」を選択します。

適用後

このように「ベロシティ」「タイミング」「長さ」が変更されます。

製品のご購入