「FM8」2_ ピッチとマスターウィンドウ

Author: sleepfreaks

FMの周波数を変化させ音色を作る FM8

FMモジュレートとして使用しているOSCのピッチを変更する事で、
大きく音色を変化させることができます。

マスタータブでは「ユニゾン」「ポルタメント」など
基本的なシンセサイザー設定を行なうことができます。

FM8動画へのアクセス


  1. 1オシレーターの概念
  2. 2ピッチとマスタータブ *当記事となります
  3. 3フィルター/ノイズ オシレーターとエンベロープ概念
  4. 4エフェクトとアルペジエーター
  5. 5モジュレーションとMIDIコントロール
製品のご購入

Massiveが含まれた超お得なパッケージ!
リズム、生楽器、シンセなど、あらゆる種類の音源が収録されています。

動画ポイント_オシレーターピッチを変更する

OSC-tune-1

選択したOSCの情報は左のウィンドウに映し出されます。
各OSCのピッチなどを変更することができます。

FMモジュレートしているピッチを変更すると、音色が大きく変化します。
「Radio」は現在演奏されているピッチを「1」と考え

「0.5」で1オクターブ下。
「2」で1オクターブ上となります。

FM周波数

このように小数点以下を少しずつ変更していき音色を作っています。

動画ポイント_マスタータブ

マスタータブ

マスタータブで重要な要素が「ユニゾン」「ポルタメント」です。

「ユニゾン」では数字を上げていくことで音が太くなり、
「ポルタメント」では音程をしゃくり上げる効果を出し、その変化時間を決定します。

製品のご購入

Massiveが含まれた超お得なパッケージ!
リズム、生楽器、シンセなど、あらゆる種類の音源が収録されています。





DTM解説情報をつぶやくTwitterのフォローもお願いいたします。