セカンダリー・ドミナント⑦ 実践編3「あえて解決しない②」/音楽理論講座

Author: sleepfreaks

解決しない流れをさらに知る

theory_64-01

前回は今までV→Iで解決していたはずのセカンダリードミナントが、全く違うコードに続いていたという箇所に注目してみました。
前回の音源を聴いてみましょう。

theory_64-02

I7は、今まではIVに行っていましたが…

V7/IV

C7→Fmaj7


C→F

C7→F

theory_64-03

緑の矢印の箇所のように、別のコードに移動していました。
解決はしていないのに、違和感がなかったところが新しいポイントですね。

ではここで、色々と例を聴いてみましょう。
Key=Cで全て確認していきます。


解決しない例

theory_64-04

ここでは、E7をサビ前に持ってきたイメージです。
Key=Cメジャーのレラティブキー(平行調)のAマイナーのI、Amコードから始めたパターンです。

theory_64-05

今度も例も、サビ前はE7です。

E7を聴いた際にAm・Am7がきてマイナー感を予想しますが、あえて裏切りFmaj7から始まるという俗に言う”王道進行”に進みました。

theory_64-06

今度は、ドッペルドミナント を使用してみましょう。
まずは普通に、D7がGに進んでおります。

theory_64-07

では、今度はD7をFに進めてみましょう。
最後はII-V-Iで締めました。

こちらもGやG7が来るのかなと思いきや、裏切って別の印象を与えることができますね。


theory_64-08

今度は、前回も出てきたI7を使用して確認していきます。
まずは普通にIVのFメジャーに解決してみます。

theory_64-09

では今度は、前回分析したようにC7をBm7b5に進めてみましょう。

マイナーのII-V-Iに繋げ、「この曲は実はマイナーでした」という印象を付けれらますね。

”ダイアトニックコードが家族だとしたら、セカンダリードミナントは親戚というイメージ”でと以前説明しましたが、上記例のように実は解決先に落ち着かなくてもそんなに違和感なく溶け込むことができます。

theory_64-10

平行調のドミナントはもちろん、音が近いドミナント・キー(属調)、サブドミナント・キー(下属調)のドミナントも使いやすいので、まずはそれらから試してみてください。

theory_64-11

楽曲分析の際に解決していないセカンダリー・ドミナントを見つけたら、自分の引き出しにどんどん入れていきましょう。


記事の担当 伊藤 和馬/ Kazuma Itoh

講師 伊藤
18歳で渡米し、奨学金オーディションに合格後、ボストンのバークリー音楽大学で4年間作曲編曲を学ぶ。 バークリー音楽大学、現代音楽作曲学部、音楽大学課程を修了。
その技術を活かし、POPSから映像音楽まで、幅広い作曲活動を行っている。

講師の作品

  1. 講師_伊藤のプロフィールを読む