レコーディングルーティングの応用 Cubase 使い方

Author: sleepfreaks

レコーディングを異なるサウンドで同時録音する

掛け録りの応用_Cabase編

前項の「かけ録り」を応用したレコーディングテクニックを解説していきます。

この方法を使用することで、
「かけ録り」と「素のトラック」の両方をレコーディングしたり、
異なる音量でレコーディングを行えたりなど、多くのメリットがあります。

ここでは、その設定方法を解説してきます。

この記事でより理解が深まります。

かけ録りの応用 解説動画




レコーディング設定

今回はギターを例に進行してきますが、
マイクやキーボードなどでも設定は同様となります。

入力

まずは通常のレコーディングと同様に、
オーディオトラックを作成し「入力チャンネル」を合わせます。

この際に「入力モニタリング」を点灯させておきます。

グループチャンネル

グループチャンネル 数

異なる設定でレコーディングしたい数だけ「グループチャンネル」を作成します。

センド

楽器音が入ってくるオーディオトラックのセンド。
これを「グループチャンネル」へ送ります。

しかし、これではサウンドが被ってしまいます。

プリモード

センドを「プリモード」にした後、

音量をゼロに

オーディオトラックの音量をゼロにします。

エフェクトの設定

それぞれの「グループチャンネル」に
エフェクトを適用したり、音量を調整したりなど好みの設定を行います。

オーディオトラック

各グループチャンネルのサウンドを録音するため、
オーディオトラックを同じ数だけ作成します。

オーディオ入力

オーディオトラックの入力を各グループチャンネルにします。
これで各グループチャンネルのサウンドが録音できます。

ただ今度は「グループチャンネル」と「オーディオトラック」が
被って再生されてしまいます。

バスなし

グループチャンネルの出力を「バスなし」にすることで、回避することができます。

これで設定完了です。

レコーディング

モニタリングしたい方のトラックに「入力モニタリング」をつけて、
オーディオトラックを同時にレコーディングすることで、各設定の波形が記録されます。

ボーカルの「Aメロ」「サビ」用に異なる音量を設定しておくと、
1度のレコーディングで収録される音量を最適化できます。

コンプを適用したり、割れないようにリミッターをかける。
そのような際も、保険として素の演奏を残すことができます。

この様にアイディア次第で多くの活用方法があります。





DTM解説情報をつぶやくTwitterのフォローもお願いいたします。