Session Strings Pro 1 基本機能

Author: sleepfreaks

フレーズから奏法までストリングを自在に操る

NI Session Strings Pro

「Session Strings Pro」は名前の通り、「自動演奏」から「奏法切り替え」など
自在にストリングを打ち込むことができる製品です。

サウンドにもこだわりが見られ、
各楽器別はもちろん、レトロなストリングも再現されています。

この記事では「Session Strings Pro」の基本概念を解説していきます。

Session Strings解説動画へアクセス


  1. 1基本機能 *当記事となります
  2. 2実践的な打ち込みテクニック
製品のご購入

通常版のKompleteへ更に音源を追加した完全版です。
よりリアルで豊富な生楽器音源、シンセ、エフェクトなど。
最初から完全な状態で制作を始めたいという方へオススメいたします。

 

マイキング、定位の違い

種類

製品を開き「Section」の選択を行います。

  • 「Section 1/2」: 近い音像で録音されており、定位も均等に配置されています。
  • 「Section 3/4」: 少し離れた音像で録音されており、定位もオーケストラ配置です。

セクションの選択-1

音色特性を指定

音色タイプ

次に音色のタイプを指定します。

  • 「Contemporary」: 多くのジャンルに合う近代的なサウンドです。
  • 「MTown」: レトロサウンドが再現されています。

音色特性を指定

奏法の種類

楽器を選択すると更に選択肢が出てきます。

  • 「Animator」: 自動演奏が適用され簡単にフレーズを取り入れることができます。
  • 「Perfomance」: ベロシティ、ペダルなどで奏法切替えができ、リアルタイム演奏に向いています。
  • 「Production」: 奏法を切り替えるキースイッチに特化しておりDAW作業に向いています。

サウンドパラメーター

サウンドパラメーター

  • 1 : 双方のバランスで音色を作成していきます。
  • 2 : 弦が弓で擦れるサウンド音量を調整します。
  • 3 : 左右の広がりを調整します。

製品のご購入

通常版のKompleteへ更に音源を追加した完全版です。
よりリアルで豊富な生楽器音源、シンセ、エフェクトなど。
最初から完全な状態で制作を始めたいという方へオススメいたします。