Reaktor_The Finger_パラメーターコントロール

Author: sleepfreaks

様々なサウンドに特集効果を与える

「The Finger」前回のセットアップに続き、
今回はそのパラメーター概念を解説していきたいと思います。

The Finger動画へのアクセス


  1. 1DAW別のセットアップ
  2. 2パラメーターコントロール *当記事となります
  3. 3パラメーターコントロール 2
製品のご購入

Massiveが含まれた超お得なパッケージ!
リズム、生楽器、シンセなど、あらゆる種類の音源が収録されています。

動画ポイント_プリセットの呼び出し

プリセットの呼び出し

「The Finger」には多くのプリセットが用意されています。
赤囲みの「虫眼鏡」アイコンから、そのプリセットを呼び出すことが可能です。

動画ポイント_効果のキーボードアサイン

キーボードアサイン

「The Finger」が持つ様々な効果は「キーボード」と連動しています。

黄色く点灯しているオクターブが選択対象となり、
その効果が下の鍵盤に記載されています。

もちろん「MIDIキーボード」や「ピアノロール」で音程を打ち込むことで、
その効果を発動させることができます。

動画ポイント_効果を時間により変化させる

ENV TIME

様々な効果を時間で変化させるからこそ、面白いサウンドが期待できます。

「ENV TIME」では「時間でどの位、値が変化するのか?」をコントロールします。

効きを調整

赤込み部分から、それぞれのパラメーターの効きを調整していきます。

効果の変化タイプ

  • 1_効果の動きを指定します。LFOに似ていますね
  • 2_上記の動きを楽曲のテンポと同期させる際に点灯させます

動画ポイント_ベロシティにより値を変化させる

ベロシティコントロール

この部分からは「ベロシティ」により、その効果を変化させることが可能です。
演奏に様々な表情をつけることができ、非常に便利です。

製品のご購入

Massiveが含まれた超お得なパッケージ!
リズム、生楽器、シンセなど、あらゆる種類の音源が収録されています。